散髪は年1回。

雑記です。

ぎっくり腰でないことを祈ります……。

 日米ともにベースボールシーズンが佳境に入ろうとしているというのに、ワタシは気分、というか体調がすぐれません。いま、左の腰がヤバい状況になっています。今週月曜日の夕方前、いきなり左の腰にピリッとした痛みが走りました。とはいえ、我慢できないほどではなかったので、そのうち治るだろう、と思い、当日の深夜にはランニングに出ました。でも、とても走れる状態ではなく、1分も経たず引き上げるハメに。これはマズい。イヤな予感が走ったので、努めて安静にすることにしました。

 翌日の火曜日は多少治まり、よし、もうすぐ完治だ、とタカをくくっていたら、きょう水曜日になって、いきなり痛みが増してきました。かがむと猛烈な痛みが襲ってくるので、靴下も、靴も、立ったまま履くのが厳しい状態です。いまから10年以上前にぎっくり腰をやったときのことを思い出しました。

 当時は子どもがまだ幼く、よく抱っこしていたのですが、左側オンリーでした。これがよくなかったのかな、と。もちろん、病院(整形外科)に行きました。しかし、薬を飲んだり湿布を貼ったりしたかどうかは覚えていません。ただ、病院から腰に巻くベルト(バンド?)をもらい、これを巻くとだいぶ楽になった記憶はあります。

 今回の要因として考えられるのは、仕事で使うバッグがここ何年かすごく重くなってきて、それをず~っと左肩にかけていたこと。蓄積疲労ですかね。それにしても、まさか10年以上経って、ぶり返したんでしょうか……。あのときの地獄のような苦しみは二度と味わいたくありません。

 あした以降もこの状態が続くようなら、また整形外科に行くことを考えねばなりませんね。そうならずに済むとよいのですが。

f:id:baribon25:20181018022852j:plain

痛い部分をおさえて、職場で撮った写真です。顔は写していませんが、多少歪んでいます。きょうは物を下に落としたとき、自分で取ることができず、同僚に取ってもらいました。周囲に迷惑はかけたくないので、早く治さないと。まずは腰に巻くベルトが家にまだあるはずなので、それを探すことにします。