散髪は年1回。

雑記です。

ムック本『渡哲也』購入。

 書き始めが深夜、というか早朝の5時過ぎ。日付が変わっていつのまにか、また自分の意志とは裏腹に寝てしまっていました。疲れがとれてませんね。この感じだと日曜日がとんでもないことになりそうなので、今回もサクサクいきます。

 新型コロナウイルスの新規感染者は11月28日、2684人が確認され、21日の2592人以来、1週間ぶりに過去最多を更新しました。今年の夏には収まるだろう、と思っていた淡い期待は大きく裏切られ、それどころか来年の正月を無事に迎えることができるかどうか。政府は無策だし、自分でなんとかするしかありませんね。

 ということで今日はワタシも最小限の外出にとどめました。午後、駅前の書店に出かけただけ。目的は11月25日に発売された『渡哲也 昭和の映画俳優“仁義”の栄光』(河出書房新社)を購入するためです。今年8月に亡くなった渡哲也の魅力に迫る総力特集。ワタシは小学生の高学年のころから渡が好きな俳優でした。きっかけは、これもワタシが大好きな松田優作と共演したドラマ「大都会 PARTⅡ」。あの松田優作相手に貫禄の演技を見せる渡に〝大人〟を感じ、カッコいいな、と思ったのです。

 中学生のころ「西部警察」が始まり、ワタシは渡の角刈りともみあげに憧れをつのらせます。大人になったら伸ばそう、と思っていましたが、だいぶ前に書いたとおり、その夢はかないませんでした(こちら)。

 ほかにもいろいろ書きたいことはありますが、もう6時を回ってしまいました。別の機会に書きます。おやすみなさい。

f:id:baribon25:20201129060728j:plain

おそらくワタシの知らない渡哲也の姿がふんだんに出てくるでしょう。期待大です。ちなみにこのムックは去年11月に購入した『萩原健一 傷だらけの天才』と同じシリーズです。

f:id:baribon25:20201129060807j:plain

まだイントロダクションの「俳優・渡哲也のあゆみ」を読み終えただけですが、1ヶ所、校正ミスを見つけてしまいました。写真は12ページ。上の段のうしろから8行目、〈飛び出してくるようなあ圧倒的な存在感ね〉、の〝あ〟はいりませんね。河出書房のホームページを見たら、3ヶ所の誤植に対するお詫びと訂正が掲載されていましたが、この部分は入っていませんでした。