散髪は年1回。

雑記です。

藤子不二雄Ⓐ、死去。

 現地時間4月7日(日本時間4月8日)、いよいよPGAゴルフのメジャー第1戦、マスターズ、そしてメジャーリーグが開幕します。書き始めた時点ですでに始まったマスターズは松山英樹の史上4人目となる連覇なるか。メジャーリーグ大谷翔平を筆頭に、スーパースーターたちがどんなプレイを見せてくれるか。ともに楽しみです。

 ということで当初はマスターズとメジャーリーグでいくつもりでした。が、昼過ぎに入ってきた訃報をみて、そんな気分ではなくなっちゃいました。

〈「まんが道」「忍者ハットリくん」などの作品で知られる人気漫画家の藤子不二雄(A)(ふじこ・ふじお・えー、本名安孫子素雄〈あびこ・もとお〉)さんが、川崎市内の自宅で亡くなっていたことが7日、わかった。88歳だった〉(朝日新聞デジタル

 記事を目にしたときは思わずええっ!? と声を上げていました。ワタシにとって、藤子不二雄Ⓐは特別な漫画家です。初めて読んだのは『魔太郎がくる!!』で、小学校低学年のとき。いじめられっ子が〝うらみ念法〟ですさまじい復讐をしていく展開は衝撃的でした。一瞬でこの漫画のとりこになりました。これ以降、ワタシは藤子不二雄の漫画を集めはじめます。当時はまだⒶとF(藤子・F・不二雄藤本弘)に分かれておらず、両方の作品を買っていましたが、徐々にⒶの世界観にどっぷりと浸かっていきます。

 順不同でⒶの好きな作品を挙げていくと、『まんが道』『プロゴルファー猿』『忍者ハットリくん』『怪物くん』『黒ィせぇるすまん』(『笑ゥせぇるすまん』の前はこのタイトルでした)『少年時代』といった王道から、『フータくん』『ブラック商会変奇郎』『わかとの』『添乗さん』『オヤジ坊太郎』『さすらいくん』『無名くん』(いま書いていて思いましたがタイトルに〝くん〟がつくのが多いですね)『ミス・ドラキュラ』『黒ベエ』『夢魔子』『喝揚丸ユスリ商会』『戯れ男』『番外社員』などなど。外れはないですね。

 これ以外では、やはりブラックユーモアのシリーズが外せません。ワタシはすべてハマりました。何度読んでもゾクゾクします。Ⓐの真骨頂はここにあると思います。

 ……まだまだ書き足りませんが、いま、アタマが回っていません。また別の機会にします。藤子不二雄Ⓐ、ワタシが最初に好きになった、最高の漫画家でした。合掌。

f:id:baribon25:20220408023656j:plain

帰宅後、書棚から引っ張り出しました。ワタシの藤子不二雄Ⓐコレクションの一部です。『ブラックユーモア短編集』の愛蔵版(第1巻 不思議町怪奇通り、第2巻 ぶきみな5週間、第3巻 戯れ男)、『ひっとらぁ伯父サン』『ヒゲ男』……どれもこれもたまりません。