散髪は年1回。

雑記です。

伊能忠敬の命日。

 日本時間5月17日、エンゼルス大谷翔平は敵地ボストンでのレッドソックス戦で、4-5とリードされた9回表、2死一塁から今季12号となる逆転決勝2ランを放ちました。エンゼルスはそのまま逃げ切り。再び本塁打数でメジャートップタイに並びました。ワタシはニュース映像で見ましたが、見事な当たりでしたね。大谷はこれがメジャー通算59号。過去の本塁打の中で最も価値のある一発、といっていいのではないでしょうか。

 大相撲五月場所は9日目。ただ一人無敗の大関照ノ富士は2敗の東関脇・髙安と対戦です。ワタシは職場のテレビの前へ陣取りました。過去、両者の対戦は髙安の12勝7敗で、最近も髙安が4連勝中。髙安が勝てば、優勝争いはがぜん面白くなってきます。立ち会い、髙安が攻め込み、ペースをつかんだかに見えました。しばしの攻防のあと、向正面に押し込みましたが、最後は足が出ず、照ノ富士のはたきに土俵をはりました。物言いがつきましたが、協議の結果は軍配どおり。その2番後、8日目まで唯一1敗を守ってきた大関貴景勝が西小結・大栄翔に押し出されて2敗目を喫したため、照ノ富士の独走状態になってきました。

 さすがのワタシも、優勝争いという点では興味が失せつつあります。先場所、10日目時点で髙安に2差つけられていた照ノ富士が逆転優勝を果たしたように、まだなにがあるかわからない……と言いたいところですが、今場所の照ノ富士の相撲を見ると、照ノ富士が逆転優勝を許すことは考えにくいですね。

 さて。正確な日付は変わってしまいましたが、今日5月17日は新暦伊能忠敬の命日のようです。ワタシはここで何度もネタにしてきたように、〝新・平成の伊能忠敬〟という万歩計を毎日持ち歩いています(万歩計のシステムについては省きます)。元同僚にこの万歩計の存在を教えてもらい、2013年から使い始めて、8年目に突入しました。現在、2回目の日本一周に入っており、宮城県を歩いているところです。

 千葉県出身、伊能家には婿入り、師匠は19歳年下、そして55歳から17年の歳月をかけて日本全土を実地測量し、実測による初の日本地図『大日本沿海輿地全図』を作製、忠敬が江戸を出発した4月19日は「地図の日」……と、それなりに伊能忠敬については知っているつもりでいましたが、命日が今日ということは恥ずかしながら先ほど知りました。こんなんででかい顔してちゃいけませんね。そろそろ、伊能忠敬について著した井上ひさしの小説『四千万歩の男』を手に入れて読もうかな、と思っています。

f:id:baribon25:20210518020842j:plain

万歩計の写真にしようと思いましたが、芸がないのでやめます。なにか別のものでいこう、とネットで「伊能忠敬 イラスト 無料」と画像検索したら、またしても「かわいいフリー素材集 いらすとや」さんがヒットしました。今回もありがたく使わせていただきます。

 

昭和の硬貨。

 今朝、眠りについたのが朝8時過ぎ。それでも、昼過ぎには起こされました。できればもう少し寝ていたいところでしたが、ほっといたらいつまで寝ていたかわかりません。ここで起きることにしました。

 軽くメシを食べて、しばしのんびり。その後、今日(5/16)は地元の駅前で文房具を買いにいくことにしていたので、そのことを家人に伝えると、じゃあついでに、と別の買い物を頼まれました。地元の精肉店で売っている総菜を買ってきてほしい、というのです。ワタシもこの店の総菜は大好きなのでもちろんO.K.です。

 大相撲五月場所中日8日目、幕内のテレビ中継が始まるまでには戻ってこよう、と準備して、家を出て、まずは自分の用件を済ませ、精肉店へ。ここは家族でやっている店です。我が家は平均して月に二度は訪れていますね。

 到着。肉は買わず、鶏のから揚げ、メンチカツ、そしてポテトサラダを購入しました。このポテトサラダが絶品なんですね。ごはんのおかずにも、酒のつまみにももってこいです。日によっては売り切れのときもありますが、今日はまだたっぷりありました。ホッとしました。

 この店は現金払いです。ワタシは小銭を持ってきていなかったので札を出して払い、お釣りをもらいます。硬貨はそれなりの枚数になりました。店を出て、ポケットに入れる前、そのお釣りに目をやると、偶然でしょうが、1円玉3枚が、昭和38年、昭和39年、昭和40年のものだったのでビックリ。最近は昭和の硬貨を見なくなっていましたからね。それが立て続けに3枚、しかも50年以上前の硬貨が連番できたので驚きです。さらに、10円玉の1枚が昭和29年、いわゆる〝ギザ10〟でまたまたビックリ。ギザ10を手にしたのは久しぶりです。思わずニンマリしました。

 現金払いだと、こうした予期せぬ出合いがあります。キャッシュレスの波に押されているワタシですが、今後も折を見て現金払いを続けていきます。

f:id:baribon25:20210517031955j:plain

1円玉は反射して見づらいですが、左から昭和三十八年、昭和三十九年、昭和四十年です。

 

何度繰り返せば気が済むのか……。

 土曜日、毎度のパターンであります。書き始めが深夜というのを通り越した早朝の6時過ぎ。毎週毎週、何度繰り返してきたことか。我ながらガックリきてしまいますが時間が戻ることはありません。

 いい天気となった今日(5/15)は日中、3件の用事がありました。うち1件は郵便局。前日不在配達票が入っていたので、再配達を頼むことなく、取りに行きました。中に入ったらけっこうな人が並んでいてビックリ。郵便局に用事がある人は多いんですねえ。ワタシにとっては意外な発見でした。

 用事を済ませ、帰宅後は大相撲五月場所7日目のあと、プロ野球、巨人×阪神をテレビ観戦。休日、ナイトゲームの地上波中継はありがたいです。通算2000試合目となった伝統の一戦は、巨人が5-3で逆転勝ち。終盤までもつれる好ゲームでした。2000試合の対戦成績は、巨人の1094勝835敗71敗。200勝以上差があるので、阪神が追いつくのは容易ではないですね。

 当初はこの〝巨人・阪神通算2000試合〟をテーマに、データ的なことや個人的な巨人×阪神戦の記憶など、いろいろ書くつもりでした。さらに、ここまで8本塁打でわずか4三振と驚異的な成績を残しているオリックス吉田正尚についてもふれる気でいました。

 が、試合を見ながらかなりの量の酒を飲んでしまい、その影響もあって、また日付が変わる少し前ぐらいからいつのまにかウトウト、グーグー。まあ定番ですね。途中、何度か目が覚めて、ああ、やっちまったな、と思いつつ、またグーグー。目が覚めたのは先ほど、午前5時40分過ぎでした。

 現在、時刻は朝の7時をだいぶ回ったところ。改めて、寝直します。

f:id:baribon25:20210516072318j:plain

朝刊に目を通してから眠りに入る生活はどう考えても間違っていますね。

 

雨に濡れたタバコ。

 金曜日。例によって終電の1本前での帰宅となりました。最寄りの駅前には、金曜深夜ということもあってか、はしゃいでいる若者が何人かいましたね。ビールかチューハイか、酒と思われる缶を手に持って、グルグル走りまくり。まさか早く酔うためじゃないでしょうね。いま50代のワタシが子どものころ、そんなことをする大人をなにかで読んだり映像で見たりした記憶がありますが、いまどきの若者がするとは思えません。とはいえこんなご時世ですから、ひそかに流行っているんでしょうか。また見かけたら報告します。

 さて。今朝の出勤途中のことです。職場に向かって歩いていると、左前方に緑色をしたものが落ちているのが目に入りました。なんだ? と思って目をやると、それはタバコの箱。フタが開いており、前日の雨で濡れてフィルターの色がスゴイことになっていました。

 持ち主が知らぬ間に落としてしまったのか。それとも、思わず落としてしまい、雨で濡れちまったからもういいや、とそのままにして立ち去ったのか。はたまた彼女にもうタバコはやめて、と言われて目の前で捨てたのか。

 ワタシはいろいろ想像をめぐらせ、いったんは通り過ぎたのですが、なぜか写真に撮らねば、という使命感にかられ、Uターン。しかし、後ろから人が何人も歩いてきて、なかなか撮るチャンスが訪れません。このままではらちが明かないので、人が来てもかまわず撮ることにしました。スマホを出して、1枚だけパチリ。とりあえず、よし、と納得してまた歩き始めました。

 どうして撮ろうと思ったのか、自分でもわかりません。ただ、雨に濡れたタバコを見ていて、なんとなく切ない気分になったのは、ワタシが喫煙者だから、ですかね。タバコは大事にしたいです。

f:id:baribon25:20210515043647j:plain

撮った直後はこんなにパッケージが反射していたとは思いませんでした。あとで調べたら、銘柄はケント・エス・シリーズというやつで、値段は480円。6本か7本残っていたので、約140~160円分がムダになったことになります。喫煙者で貧乏性のワタシは、あ~もったいない、と思ってしまいますね。

 

モスキート軍団、襲来。

 大げさなタイトルにしてしまいました。まだ5月の中旬だというのに、ワタシの職場には蚊が出まくっています。換気のために窓を開けているのが大きな要因と思われますが、それでも建物の6階で、こんなに早い時期に悩まされるとは。

 今日(5/13)は急ぎのノルマがなかったので、もしかしたら早い時間に帰ることができるかも、と思っていました。が、なんと午前中にデータのやり取りをするサーバーの大元がダウン。まいりました。復旧までにまたかなりの時間を要してしまい、その間、さっさと終わらせたい仕事に取りかかることができず。デジタルはこれがこわいですね。なかなかうまくいかないもんです。

 そんなわけで、仕事は夜まで引っ張ることに。すると、夜8時以降、ワタシの席の周囲にでかい蚊があらわれました。うっとおしいことこのうえなし。ワタシは今日、スニーカーソックスでむき出しの部分が多かったためか、足元が痒くなってきました。これは退治するしかありません。最初、2回目で仕留めてホッとしたのもつかの間、またしてもさっきと変わらぬ大きさの蚊がやってきました。ソーシャルディスタンスをとっているとはいえ、ワタシ以外の人間も何人かいるというのに、なぜかワタシのところにばかりあらわれます。

 こうなると、モスキート軍団VS.ワタシの勝負です。最初の1匹を含め、立て続けに3匹を仕留め(すべて1回で、とはいきませんでしたが)、もう大丈夫だろう、と仕事に集中してしていたら、なんと4匹目が登場。ワタシは獲物を見定め、バシッと手をたたきます。ヒットしたようです。窓を閉めたこともあり、さすがにこのあとはあらわれませんでした。

 今後暑くなるにつけ、ますますヤツらは増殖するでしょう。ワタシは受けて立ちます。

f:id:baribon25:20210514025936j:plain

ワタシが今日仕留めたの4匹のうちの2匹です。右側は血を吸ったばかりのようで(どう考えてもワタシの血ですね)腹の部分が赤くなっています。ほかの2匹は原型がないほどにつぶしてしまったのですぐに始末しました。そういえば先月にもこんな写真を載せた記憶があります。ご勘弁を。

 

あいさつ、いろいろ。

 いろいろあって疲れています。短めにいきます。

 ワタシの職場のある建物に入ると、入り口のゲートのところには制服・制帽の警備員がいることは以前にも書きました。毎回同じ人ではなく、その日ごとに入れ替わる交代制です。女性もいます。彼&彼女らは毎朝、出勤者、訪問者にあいさつの声をかけます。

 今日(5/12)の警備員は、初めて見る顔でした。ワタシよりはるかに若い、おそらく30代の男性。ガッチリした体格で黒縁のメガネをかけ、当然マスクをつけています。制服が似合っていました。テレワークのおかげか、ワタシの前を歩く人は誰もいず。ワタシが「おはようございます」と声をかけ、ゲートに入ろうとしたら、彼もあいさつを返してくれたのですが、その言い方がよくいえば個性的、悪い言い方をすれば、少しカチンとくるものでした。

 強引に文字にすると、彼のあいさつは「おはようございま~~~す」という感じ。〝ま〟と〝す〟の間をやけに伸ばすのです。またまた器の小ささを露呈してしまいますが、ちょっと小バカにされたようで、ワタシはイヤですね。

 ゲートを入り、歩いてしばらくするとまた彼の声が聞こえてきました。やはり、ワタシのときと一緒です。つまり、彼のあいさつは毎回こうだということですね。彼以外にも、「おざす」「おざいます」「はようございます」など、警備員によってあいさつは千差万別です。ま、不快に感じなければどんなあいさつでもいいんですけど。

 そしてもちろん、はっきりと「おはようございます」とあいさつする警備員の方もいます。好感が持てます。明日、ワタシの出勤時に立っているのはどんなあいさつをする警備員でしょうか。また独特で強烈なキャラクターがいるかもしれません。少し、楽しみにしている自分がいます。

f:id:baribon25:20210513030324j:plain

ネットで「警備員 イラスト マスク 無料」で画像検索したら、あまり点数は多くありませんでした。最初に出てきたものを使わせてもらっています。

 

「看護の日」と宝島社の意見広告。

 日付変わって5月12日は「看護の日」。ワタシは今朝(5/11)の朝刊を読んで初めて知りました。5月12日はナイチンゲールの誕生日で、この日にちなんでいます。新型コロナウイルスが猛威をふるういま、医療従事者の負担はますます増えそうです。連日の奮闘に、心からの深い敬意を表します。

f:id:baribon25:20210512021636j:plain

看護の日、去年の今ごろはあまり聞かなかった気がしますが、ワタシがスルーしただけかもしませんね。

  周知のとおり、東京オリンピックパラリンピック組織委員会日本看護協会に対し、看護師500人の確保を要請していますが、正気の沙汰とは思えません。この期に及んでもまだ強行開催する気でいるんですかね。「日本政府はIOC(国際オリンピック委員会)がやるというかぎり開催へ向けて準備するしかない」という報道の一方、「日本政府がIOCに開催を懇願した」の衝撃情報もあって、もう何が何だかわかりません。

 看護の日の前日の今日、出版社の宝島社が今朝の朝刊全国紙3紙(朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞)に意見広告を掲載しました。広告は2ページ見開きで、政府や自治体の新型コロナウイルス対応を風刺するもの。ワタシは朝日新聞で見ましたが、かなりのインパクトでしたね。

 右上に赤字で「緊急事態」、そして左上には

 ワクチンもない。クスリもない。
 タケヤリで戦えというのか。
 このままじゃ、政治に殺される。

 のキャッチに続いて、「私たちは騙されている。この一年は、いったい何だったのか。いつまで自粛をすればいいのか。我慢大会は、もう終わりにして欲しい。ごちゃごちゃ言い訳するな。無理を強いるだけで、なにひとつ変わらないではないか。今こそ、怒りの声をあげるべきだ。」と痛烈批判。中心にはコロナウイルスを思わせるイラストが置かれています。

 広告には賛否両論あったようですが、そのとおりだ、と快哉を叫んだ人のほうが多かったはずです。どう考えても、いまの政府のコロナ対策は物足りません。

 内閣官房参与Twitterで「さざ波」「笑笑」とレベルの低い失笑もののコメントを出したことも含め、いまの政府に期待するのは無理そうですね。誰か救世主が現れるといいんですけど、時間切れは迫っています。

f:id:baribon25:20210512021950j:plain

宝島社の意見広告、朝日新聞は16-17面に掲載されました。