散髪は年1回。

雑記です。

2020日本シリーズあ・ら・かると。

 悪循環、ですかね。ワタシは今日(11/26)も仕事でストレスがたまりまくりでした。カッカきてます。精神衛生上、よくないですね。なんとか金曜日は何事もなく過ごしたいものです。

 さて。2020年プロ野球日本シリーズは、今年も4試合で終わってしまいました。周知のとおり、ソフトバンクが4連覇を達成しました。データ&記録好きにとっては気になる数字がめじろ押しです。前日、ほとんどふれることができなかったので、今回、ざっと書き出してみます。

ソフトバンク日本シリーズ4連覇は1965~73年巨人の9連覇以来2度目で、パ・リーグでは初。開幕から4連勝は昨季のソフトバンクに続いて9度目。引き分けを挟まない4戦4勝は7度目で、2年連続はソフトバンクが初めて。ソフトバンクは1959年にも巨人相手に4戦4勝しており、通算3度目も初めて。

ソフトバンク日本シリーズで2018年第3戦から12連勝、本拠地PayPayドームでは2011年第7戦から16連勝。

ソフトバンクダイエー時代の2000年に巨人に敗れて以降、2003、2011、2014、2015、2017~20年と出場8連続で日本一。1961、1963、1965~73年巨人の出場11連続に次ぐ2位の記録。

⚾今回のソフトバンクの勝利で、パ・リーグは2013年楽天から8年連続日本一。同一リーグでは1965~73年セ・リーグに次ぐ2位。2002年まで、日本シリーズの対戦成績はセ・リーグ32勝、パ・リーグ21勝とセが大きくリードしていたが、2003年以降はパ15勝、セ3勝で、ついにパが36勝と逆転(セは35勝)。

ソフトバンク工藤公康監督は4年連続5度目の日本一。監督として日本シリーズ優勝5度は川上哲治監督(巨人)11度、森祇晶監督(西武)6度に次ぎ、水原茂監督(巨人4、東映1)と並ぶ3位タイ。シリーズ4連覇は1965~73年川上監督に次いで2位となり、就任6年目で5度の日本一は森監督と工藤監督だけ。

⚾工藤監督は選手時代11度、監督で5度と日本シリーズ通算16度目の優勝。選手と監督を合わせた日本シリーズ優勝回数は川上(選手4、監督11)を抜いて単独2位となり、歴代最多の森(選手11、監督6)の17度にあと1。

⚾工藤監督の日本シリーズ通算は20勝4敗1引き分け。25試合で20勝到達は川上・森の30試合を抜く最速記録。通算勝率は8割3分3厘で、複数回優勝監督の中で川上の7割1分(44勝18敗)を1割以上上回る。日本シリーズで敗退知らずも川上と2人だけ。

⚾巨人は日本シリーズで2013年第7戦から9連敗。シリーズ9連敗は巨人が1958、1959、1961年に続けたワースト記録とタイ。原辰徳監督のシリーズ9連敗は水原監督の10連敗(巨人で1958年4連敗、1959年4連敗、東映で1962年2連敗)以来2人目で、巨人の監督では水原監督の8を上回り最多。

⚾巨人のチーム打率1割3分2厘(121打数16安打)、シリーズ通算16安打はワースト。4試合制で通算41三振は最多、チーム得点4は2005年阪神に並ぶ最少記録。

セ・リーグのチームはDH制のゲームで2013年第7戦から21連敗。勝ったのは同年第6戦巨人(対楽天)が最後。

 ほかにもいろいろありそうですがキリがないのでこんなところで。打ち込むのは楽しい作業でした。最後に、今シリーズのテレビ視聴率です(ビデオリサーチ調べ)

 第1戦 12.3%(関東地区)
 第2戦 8.6%(関東地区)
 第3戦 9.5%(関東地区)/28.7%(北部九州地区)
 第4戦 9.0%(関東地区)/27.8%(北部九州地区)

 関東地区の2ケタは開幕戦だけで、あとはすべて2ケタに届きませんでした。ナイトゲームの優勝決定試合に関東地区で1ケタだったのは史上初のようです。これはベースボールファンとしては切ないですね。野球離れがより進んでいるのか、今年だけの特徴か。来季以降も地上波での中継がなくならないよう願っています。

f:id:baribon25:20201127032811j:plain

選手でインパクトがあったのは、ソフトバンクの中継ぎ左腕、リバン・モイネロです。今シリーズは3試合に登板し、3イニングを投げて9個のアウトのうち8個を三振で奪いました。単純計算で、1試合の奪三振率は24個(!!)にもなります。ワタシもテレビで見ていて、巨人打線が打てる気はまったくしませんでした。画像は福岡ソフトバンクホークスの公式サイトからです。

 

今季も4連勝でソフトバンク4年連続日本一!

 まずは仕事の話から。今日(11/25)、アタマにくる一件がありました。具体的に書くことはできませんが、思い出すだけでもムカムカきます。ワタシも人間ができてないですね。ま、そのうち冷静さを取り戻すでしょう。

 気を取り直して。また書き始めが3時を大きく回ってしまったので短めにいきます。プロ野球日本シリーズは今日が第4戦。パ・リーグ王者のソフトバンクが4-1でセ・リーグ王者の巨人を倒し、昨季に続く4連勝で幕を閉じました。前日、巨人に予想を裏切ってほしい、と書きましたが、その願いは無残にも打ち砕かれました(大げさですね)。

 それでも、巨人は1回表、1番・若林晃弘と2番・坂本勇人の連続ツーベースでこのシリーズで初めて1点を先制します。が、この1点どまり。ソフトバンクはその裏、柳田悠岐の1号2ランで逆転すると、2回裏にも甲斐拓也の2号2ランが飛び出し、あっというまに突き放しました。

 試合はこのまま9回へ。巨人は四球と安打で1死一・二塁とし、一発が出たら同点のチャンスを迎えます。が、田中俊太は見逃し三振、続く亀井善行はセカンドフライでゲームセット。ソフトバンクが前身の南海、ダイエー時代を含めて4年連続日本一を決めました。日本シリーズ4連覇は1965~73年、巨人の9連覇に次ぐもので、パ・リーグ初となります。ちなみに2年連続4連勝も史上初です。

 これでパ・リーグのチームは2013年から日本シリーズ8連勝。強すぎです。もはやセ・リーグとは別の野球をしているような感じですね。最近の日本シリーズは、とても日本最高峰の戦いとは呼べません。今後、セ・リーグが巻き返すことはできるのでしょうか。やるせなさだけが残り、今年のベースボールシーズンは終了です。

※今日はサッカー界でも大きなニュースがありました。J1で川崎フロンターレガンバ大阪に5-0で圧勝し、2年ぶり3回目の優勝。4試合を残す史上最速V、さらに最多勝ち点と記録ずくめでした。そして、サッカー界の世界的スーパースターで元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナが60歳で死去。1986年のワールドカップメキシコ大会の大活躍はワタシも鮮明に覚えています。合掌。

f:id:baribon25:20201126041355j:plain

ワタシは職場のテレビでソフトバンク日本一の瞬間を見ていました。NHKのBS1です。リアルタイムで中継していたにもかかわらず、直後にニュース速報が流れるいつものパターン。確認はしていませんが、おそらく総合テレビ、Eテレ、BSプレミアムでも流れたんでしょうね。

 

ソフトバンク、早くも日本一に王手。

 またしても終電での帰宅。仕事が忙しく、夕方以降はまったく余裕がありませんでした。書き始めが深夜3時過ぎ。水曜日も普通に出勤せねばならないので短めにいきます。

 セ・リーグ王者の巨人とパ・リーグ王者のソフトバンクの顔合わせで行われているプロ野球日本シリーズは今日(11/24)が第3戦。舞台はソフトバンクの本拠地PayPayドームです。ワタシは職場でテレビ観戦、といきたかったのですが、バタバタしてほとんど見ることができませんでした。仕事の合間にネットで経過を追うのが精いっぱい。すると、ソフトバンクが3回裏に中村晃の2ランで先制していました。こりゃ今回も巨人は苦しい展開だな、と思いつつ仕事に集中し、しばらくしてまたネットでチェックを入れたら、とんでもないことになっていました。

 なんと、巨人打線がノーヒットのまま9回に突入していたのです。2死から丸佳浩がセンター前に運び、かろうじてノーヒットノーランは免れましたが、ウィーラーがセカンドフライに倒れてゲームセット。スコアは4-0でした。ソフトバンクは第1戦から3連勝で、早くも日本一に王手です。

 それにしても、ここまで差がつくとは。巨人は昨季も日本シリーズソフトバンクに4連敗を喫し、今季も3連敗。日本シリーズで過去、2年続けて同じ相手に4連敗した例はありません。史上初の屈辱が目前です。ここから巻き返せるとも思えないので、その確率はかなり高い気がします。巨人にはこの予想を裏切ってほしいところですが、どうなるでしょうか。

 もうすぐ4時。8時過ぎには起きねばならないので寝ます。おやすみなさい。

f:id:baribon25:20201125035052j:plain

日刊スポーツのサイトから引っ張ってきた今日の試合のスコアテーブルです。巨人打線は第1戦から4安打→5安打→1安打の計10安打で計3得点。4試合で終わった日本シリーズの最少は2005年阪神の4得点ですから、第4戦の結果次第ではワースト記録を更新するかもしれませんね。

 

夢に長嶋一茂が出てきました。

 11月23日、勤労感謝の日。〝我慢の3連休〟が終わりました。ワタシは予定どおりに出勤。午前11時過ぎには職場に到着し、仕事に集中しました。誰も出勤してくることがなく、はかどりました。が、少し遅めの午後3時、昼メシを喰いに出て、約40分後に戻ったら2人、出勤していました。ふう。今日は一人だと思っていたのに、皆さん、お忙しいようで。さらに、夕方5時半過ぎにもう一人が出てきて、ワタシを含めて4人が休日にもかかわらず働いていました。まあワタシはノルマを達成できたのでよしとします。

 さて。今回は夢ネタです。昨夜(日曜)の就寝は深夜、というか早朝の4時過ぎ。夢を見ました。ふだん、ワタシは夢の内容を覚えていることが少ないのですが、珍しく今朝見た夢はそれなりに覚えているので、振り返ってみます(ただし、たいした夢ではないのでご了承ください)。

 どこかの田舎道。具体的な場所がどこだったかは記憶していません。ワタシは同僚を助手席に乗っけてクルマを走らせていました。たぶん、彼を近くの駅まで送るところですね。すると、しばらくして前方に、スーツ姿の長嶋一茂が歩いているのが目に入りました。もちろん、現実世界でワタシは彼と知り合いでもなんでもなく、会ったことはありません(球場で見かけたことはあります)。が、この夢の中では旧知の仲だったようで、ワタシは当たり前のように声をかけました。すると、一茂も「ちょうどよかった。駅まで乗っけてってよ」と言ってきました。

 ワタシはクルマを停めて、後ろの席に一茂を乗せます。助手席に座っている同僚を紹介すると、気さくに「よろしくね」と応えてくれました。ワタシは再びクルマを走らせます。お互いの近況を報告しているうちに、駅に到着。一茂が先にクルマを降り、「たすかったよ。また頼むね」と言って、駅の中へ。続いて同僚も降ります。ワタシもクルマを降りて彼を見送ります。そして再び運転席へ――。

 覚えているのはここまで。なぜこんな夢を見たのか、まったくもってわかりません。長嶋一茂が出てきたのは、何かの暗示なのでしょうか。いや、そんなことはなさそうですね。おそらく何の意味もないでしょう。とりあえず、記録にだけとどめておこうと思います。

 ワタシにしてはどれぐらいぶりかの深夜0時台の更新です。今夜は早めに寝ます。おやすみなさい。

f:id:baribon25:20201124004348j:plain

ワタシは長嶋一茂のキャラクターが好きです。あの長嶋さんの息子、というだけで、嫌いにはなれません。画像は金麦〈ゴールド・ラガー〉『飲みごたえる?』篇の一茂です。

 

貴景勝2度目のV、日本シリーズはSB連勝。

〝我慢の3連休〟の2日目。新型コロナウイルスの新規感染者数は2150人を超え、5日連続で2000人超えとなりました。大阪で過去最多となる490人、東京では日曜日としては過去最多となる391人。ほかにも過去最多の感染者数を確認した県があるようです。もうとどまるところを知りませんね。医療機関が対応できなくなるのでは、と心配になります。今後、死者が増えなければよいのですが。

 ワタシは今日、ほぼ前日と同じパターンで過ごしました。日中に買い物に出かけ、夕方に帰宅してまずは大相撲十一月場所千秋楽をテレビ観戦。優勝争いは、1敗の大関貴景勝と2敗の東関脇・照ノ富士の2人に絞られていました。結びの一番で両者が直接対決。大方の予想では貴景勝有利で、照ノ富士は2番続けて勝つのは難しいだろう、というものでした。

 結果は、そのとおりになりましたね。本割では照ノ富士が浴びせ倒しで貴景勝に勝利。最後は背中からべったりの豪快な勝利でした。優勝決定戦は約10分後。貴景勝は立ち合いで照ノ富士の上体を起こすと、そのまま一気に押し出しました。完勝といっていいでしょう。

 貴景勝は2018年十一月場所に続く2年ぶり2回目の優勝。前回は小結だったので大関としては初優勝となります。大関の優勝は2017年一月場所の稀勢の里以来、22場所ぶり。その間の優勝回数は横綱12回、関脇4回、小結1回、平幕4回です。横綱になった大関はいないので、大関陣が不甲斐ないといわれてもしょうがないですね。来場所は綱とりとなる貴景勝とともに、朝乃山、正代の2人にも期待しましょう。

 続いて午後6時からはプロ野球日本シリーズ、巨人×ソフトバンクの第2戦。前日、ソフトバンクが勝っているので、巨人としては今日、なんとしても負けられません。が、もう勝負は1回でついた感じでした。巨人の先発・今村信貴は、先頭打者の周東佑京こそ三振に仕留めるも、続く川島慶三に四球、3番・柳田悠岐にセンターオーバーのツーベースを浴びて先制を許し、内野安打にエラーも絡んでこの回3失点。よーいドンでこれじゃあ今の巨人はお手上げです。その裏、巨人打線はソフトバンクの先発・石川柊太にあっさりと三者凡退。このあと、ソフトバンク打線が大爆発し、巨人にとっては〝罰ゲーム〟といっていい展開となってしまいました。

 2回表には甲斐拓也がソロ、3回表にはジュリスベル・グラシアルが2ラン、5回表はアルフレド・デスパイネの犠牲フライで1点、これで7-0。高校野球ならコールドゲームがちらつく点差です。5回裏、巨人はゼラス・ウィーラーの2ランで追い上げ、6回裏には1死一・二塁としますが、5番・丸佳浩は代わったソフトバンクの2番手・嘉弥真新也のスライダーに手も足も出ず三振。打てそうな気配はまったくなかったですね。それでもその後、代わった高橋礼から田中俊太が四球を選んで2死満塁とし、中島宏之に一発が出たら面白くなるな、と思ったのもつかの間。カウント3-1からの5球目の甘い球を見逃すと、フルカウントからの6球目を空振りし、反撃ムードは一気にしぼみました。

 直後の7回表、ソフトバンクは巨人4番手の鍵谷陽平を攻め、デスパイネにとどめの満塁ホームランが飛び出します。前の打者、栗原陵矢のファウルフライを巨人の三塁手・岡本和真が捕れず(失策はつかず)、打ち直しで安打を許したのも響きました。これでスコアは11-2。ときおり映し出される巨人・原辰徳監督の目はうるんでいるようにすら見えましたね。

 ソフトバンクは9回表にも巨人7番手・大竹寛のエラーで2点を追加。こう言ってしまうと身もふたもないですが、巨人が哀れに見えましたね。最終回、巨人は先頭の田中俊太が安打で出塁するも、中島が併殺打。同情してしまいます。続くウィーラーの打球はセンター前に抜けるかと思いましたが二塁に移っていたソフトバンクの周東が追いつき、一塁へ送球。微妙なタイミングも判定はアウトで、巨人側がリクエストを要求するも判定は覆りませんでした。

 ということで、ソフトバンクが13-2で勝って2連勝。もう、強すぎです。ここまで完膚なきまでに叩きのめさなくても、と思ってしまうほど、力の差を感じましたね。これでソフトバンク日本シリーズの連勝を10に伸ばし、自らの記録を更新。第3戦は11月24日の火曜日で、舞台をソフトバンクの本拠地PayPayドームに移します。ソフトバンクは2011年第7戦からPayPayドームで14連勝中です。史上2チーム目の4年連続日本一は、あっけなく達成されそうですね。もちろん、巨人がここから巻き返し、大逆転日本一になるシナリオも大歓迎です!

f:id:baribon25:20201123025426j:plain

午後5時59分、NHKの大相撲中継最後の瞬間を撮影。やはり、貴景勝賜杯授与のシーンがエンディングとなりましたね。このあと、家族の了解をとって、日本シリーズにチャンネルを替えました。

 

〝我慢の3連休〟スタート。

 久しぶりに夜中、自分の意志とは裏腹に寝てしまっていました。書き始めが深夜、というか早朝の4時過ぎ。こんな生活をしてちゃいかんですね。まあ特に遠出する予定もないし、影響はないんですけど。

 まずは定番、コロナと大相撲十一月場所からいきます。新型コロナウイルスの新規感染者数は今日(11/21)、全国で2592人が確認され、またしても過去最多を更新しました。2000人超えは4日連続です。今回〝我慢の3連休〟が呼びかけられていますが、にぎわっているところもあるようで。もうこうなると自分の身は自分で守るしかありませんね。

 日中、買い物に出て帰宅後は大相撲十一月場所14日目をテレビ観戦。東小結・照ノ富士と幕尻の東前頭17枚目・志摩ノ海の2敗対決は、照ノ富士が勝ち、優勝へ望みをつなぎました。結びの一番では大関貴景勝が東関脇・御嶽海を圧倒、1敗を死守。千秋楽では結びで貴景勝照ノ富士が激突します。貴景勝が勝てば2018年十一月場所以来2年ぶり2度目の優勝、照ノ富士が勝ち、優勝決定戦も制すれば七月場所以来、3度目の優勝となります。ワタシは5日目を終えた時点で本命・照ノ富士、対抗・貴景勝と書きましたが、どちらが賜杯を手にすることになるでしょうか。

 大相撲のあとはもちろん、日本シリーズ第1戦です。巨人×ソフトバンクの顔合わせは2年連続。ワタシは前日、今年は巨人の勝利を願う、と書きました。セ・リーグがやられっぱなしで、そろそろここらで勝たないと、日本シリーズ開催の意味がなくなってしまうのでは、と思ったからです。

 だがしかし。ソフトバンクは強かったです。2回表、栗原陵矢の2ランで先制すると、6回にも栗原の二塁打で2点を追加して4-0。さらに8回表には四球で出塁した周東佑京がシリーズ初盗塁を決め、中村晃のレフト前安打で生還して5-0としました。先発の千賀滉大も7回を被安打3の無失点と好投。リリーフ陣も踏ん張り、9回裏に守護神・森唯斗が1点を許しましたが5-1で完勝しました。

 これでソフトバンクは2018年の第3戦から続く日本シリーズでの連勝を9に伸ばし、新記録達成。逆に巨人は2013年第7戦から、昨季の0勝4敗を挟んで6連敗となりました。エース・菅野智之が6回4失点で敗れた巨人はしんどいですね。いいところはまったくなし。このまままた4試合でソフトバンクが4年連続日本一を決めてしまうのでは、とさえ思ってしまいます。

 ‪第2戦の先発は巨人が今村信貴、ソフトバンクが石川柊太と発表されました。う~む。巨人の奮起に期待しましょう。時刻は5時を大きく回ってしまいました。寝直します。

f:id:baribon25:20201122052525j:plain

ゲームセット直後、テレビ画面から撮影しました。工藤公康監督は今日の勝利で日本シリーズ通算17勝4敗1引き分け。勝率は.810と驚異的です。

 

大阪で日本シリーズ開幕。

 終電での帰宅。他の路線との接続を待ったために10分遅れで発車しました。買い物して、自宅に戻ったのが深夜2時過ぎ。ヘロヘロです。そして書き始めが3時を大きく回ってから。サクサクいきます。

 まずはもはや恒例、コロナと大相撲十一月場所からです。新型コロナウイルスの新規感染者は今日(11/20)、全国で2429人が確認され、3日連続で過去最多を更新しました。もう驚きませんね。これからさらに増えていきそうです。21日からの3連休は不要不急の外出をしちゃいけませんね。ワタシは23日の勤労感謝の日は仕事で出勤しますが、あとの2日はおとなしくしています。

 大相撲十一月場所は今日が13日目。大関貴景勝が幕尻の東前頭17枚目・志摩ノ海との1敗対決を制し、単独トップに立ちました。ワタシは仕事でバタバタしていて、リアルタイムで見ることができませんでした。どんな相撲だったのか、このあと4時5分からのNHK「大相撲幕内の全取組」でチェックします。

 そして、2敗の東小結・照ノ富士は、3敗の東前頭10枚目・竜電に勝利。優勝の可能性は貴景勝照ノ富士、志摩ノ海の3人に絞られました。14日目は2敗同士の照ノ富士と志摩ノ海が直接対決し、貴景勝は東関脇・御嶽海と対戦。貴景勝が勝っても、照ノ富士と志摩ノ海のどちらかが2敗で残るため、優勝は千秋楽に決まることになります。その千秋楽は結びで貴景勝照ノ富士が組まれるのは確実。まずは14日目、誰が抜け出すのか注目されます。

 さて。日付変わって21日、京セラドーム大阪で2020年プロ野球日本シリーズが開幕します。カードはセ・リーグ優勝の巨人と、パ・リーグ優勝でクライマックスシリーズを制したソフトバンク。巨人の本拠地東京ドームが都市対抗野球開催で使用できないため、京セラドーム大阪が巨人のホームゲームとなります。大阪も新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない状況が続いているので、無事に開催されることを祈ります。

 大方の予想では、ソフトバンク断然有利。確かに、10月以降のレギュラーシーズンの成績(巨人13勝18敗4引き分け、ソフトバンク25勝6敗1引き分け)や、ソフトバンクポストシーズンでの無類の強さ(2019年のクライマックスシリーズファーストステージ第2戦から12連勝中)を見れば、そうなるのも無理はありません。

 とはいえ、勝負はやってみなければわかりません。なにより、日本シリーズは2013年からパ・リーグのチームが7連勝中です(ついでにパのチームは本拠地で2013年第7戦から17連勝中、ソフトバンクは2011年第7戦から本拠地PayPayドームで14連勝中)。セ・リーグのチームがそろそろ勝たないと、シリーズの重みがなくなってしまいます。そんなわけで、巨人ファンではないワタシも、今回ばかりは巨人の勝利を願います。まずはソフトバンクの本拠地に乗り込む前、ホームゲームの第1、2戦で勝っておきたいですね。

 そうこうするうち「大相撲幕内の全取組」が始まってしまいました。これを見終えたら寝ます。おやすみなさい。

f:id:baribon25:20201121042029j:plain

第1戦、巨人は菅野智之ソフトバンクは千賀滉大の両エースが先発します。投手戦になるのでしょうか。なお、今回のシリーズは1985年以来、35年ぶりに全試合でDH制が採用されることが決まっています。この影響がどう出るかも気になるところです。