散髪は年1回。

雑記です。

楽天・美馬、完全試合逃す。

 まずは大相撲七月場所から。唯一の全勝だった横綱鶴竜が初顔合わせの西前頭7枚目・友風に敗れ、初黒星を喫しました。ワタシもテレビで見ていましたが、立ち合い、まともに当たって軽く脳震とうを起こしたような感じでした。これで白鵬とともに1敗で並び、さらに幕尻(西前頭16枚目)の照強が2敗で追う展開です。終盤にきて、なにやら動きが出てきましたね。前日にふれたとおり、鶴竜にとって13日目以降は鬼門のようです。結局、最後は白鵬の優勝、となってしまうんですかねえ。残り2日、どんな展開が待っているのでしょうか。

 さて。今日(7/19)も仕事をしながら、ネットでプロ野球の経過を追っていました。楽天の先発・美馬学が3回までソフトバンク打線をパーフェクトに抑えているところまではチェックしていました。その後、しばらく仕事に集中したので、追っていなかったのですが、ワタシがポットの前でコーヒーをつくっていると、同僚(30代・♂)が近づいてきて、コーフンしながら「美馬、すごいですね」と話しかけてきました。彼もネットで追っていたようです。ということは、まだパーフェクトを続けていたのか。聞くと、もう8回まできた、とのこと。残すはあと1イニングというわけです。

 どこかで中継していないか、と職場のテレビをチェックしたところ、BS12で中継していました。ワタシが見始めたときは8回裏、楽天の攻撃が始まったところ。4-0とリードしていたので、美馬としてはさっさと攻撃を終わらせてもらって、9回のピッチングに備えたいところでしょう。ところが、ブラッシュが四球を選んで出塁すると、その後2死三塁から堀内謙伍がバットを折りながら(⇐なかなかのシーンでした)三塁への内野安打を放ち、1点を追加しました。続く辰己涼介がライトフライでようやくチェンジ。美馬がいよいよ、最終回のマウンドへ向かいます。

 パーフェクトまで、あと3人。ここまできたらぜひ達成してほしいと思っていましたが、この回先頭の明石健志への投球を見て、イヤな予感がしました。ワタシには、美馬がとてもパーフェクトを続けている投手には見えなかったのです。結局、明石には四球でパーフェクトゲーム達成ならず。力が抜けました。でも、まだノーヒットノーランがあります。打者は甲斐拓也の代打・栗原陵矢。ここは抑えるだろう、と思っていたら、低めの球をレフト前に運ばれ、これでノーヒットノーランもなくなってしまいました。なんとまあ。緊張の糸が切れましたね。9番・釜元豪に代わる代打・塚田正義は併殺に打ち取ったものの、2死三塁から上林誠知にスリーベースを打たれ、完封勝ちも消えました。

 最後は牧原大成のショートゴロで試合終了。ソフトバンクのリクエストも、判定が覆ることはありませんでした。それにしても、歴史的瞬間を見たかったですねえ。個人的には、8回裏の楽天の攻撃があっさり3人で終わっていれば、美馬の完全試合が達成できたように思えてなりません。しぶとく点をとったあの時間が、美馬のリズムを狂わせたのではないかと。まあ、“たられば”を言ってもしょうがないんですけど。

 現時点で日本プロ野球最後の完全試合は、1994(平成6)年5月18日の巨人・槇原寛己です。対広島、スコアは6-0、舞台は福岡ドーム長嶋一茂が8番・サードでスタメン出場し、何個かゴロをさばいていた記憶があります。最後はファーストの落合博満がファウルフライを捕球してゲームセット。あれからもう25年も経っているとは。当時のワタシは20代でした。しみじみしてしまいます。

 そして限りなく惜しかったのが、2012(平成24)年5月30日の巨人・杉内俊哉です。東京ドームでの楽天戦に先発した杉内は、9回2死まで一人も走者を出しませんでしたが、代打・中島俊哉(杉内と同じ名前だったんですね)に四球を与え、槇原以来の完全試合を逃しました。ワタシはこの2試合とも職場のテレビで観戦しており、ひとりハイテンションになっていたことを思い出します。

 次の完全試合はいつ、誰がマークするのか。意外な投手が達成したら面白いですね。

f:id:baribon25:20190720033314j:plain

ゲームセット後、職場のテレビ画面から撮影しました。何枚か撮った中で、これが一番まともでした。

 

横綱・鶴竜、自己新の初日から12連勝。

 大相撲七月場所は今日(7/18)が12日目。前日まで唯一全勝の横綱鶴竜はすそ払いで西前頭6枚目の千代大龍を下し、初日から無傷の12連勝を飾りました。ワタシも職場のテレビで見ていました。余裕を感じましたね。1差で追う横綱白鵬も東関脇・御嶽海にもろ差しを許しながら、1分30秒を超える長い相撲の末に寄り切り、1敗を死守しました。

 意外なことに、12連勝は鶴竜にとって初のようです。去年の五月場所以来、7場所ぶり6回目の賜杯が現実味を帯びてきました。ただし、今朝の日刊スポーツによると、鶴竜は終盤に弱い、というデータがあります。鶴竜横綱昇進後の日別勝率が出ていました。

日目 勝-敗 勝率
初  22-6 .786
2  23-4 .852
3  22-5 .815
4  19-8 .704
5  17-8 .680
6  19-5 .792
7  19-3 .864
8  21-1 .955
9  16-6 .727
10  14-8 .636
11  15-7 .682
12  12-9 .571
13  8-12 .400
14  12-8 .600
千  8-12 .400
※休場は除く。12日目は今日分まで。

 横綱鶴竜の13日目以降は過去、28勝32敗で勝率.467。確かに、これを見ると多少心配にはなりますね。13日目は今場所ここまで9勝3敗と好調の西前頭7枚目・友風との対戦。初顔合わせです。そして14日目の相手はおそらく東関脇・御嶽海でしょうか。過去の対戦成績は鶴竜の6勝5敗。千秋楽、白鵬との直接対決(過去の対戦成績は鶴竜の7勝41敗)まで、全勝をキープしたいところでしょうね。

 今場所のここまでを振り返ると、貴景勝が初日から休場、大関返り咲きの栃ノ心が勝ち星を挙げることなく休場、さらに豪栄道と髙安も途中休場で、大関が不在となりました。大関が4人以上休場するのは、昭和以降初。由々しき事態ですね。さらに、先場所平幕優勝を果たし、東前頭筆頭に番付を上げた朝乃山も、12日目を終えて5勝7敗と、さすがに苦しんでいます。ここから3連勝して勝ち越すことができるでしょうか。

 こうしてみると、現時点では盛り上がりに欠ける場所、と言われてもしかたがない感じですね(実際、今場所3日目に入場券完売を意味する「札止め」が七月場所では3年ぶりに止まりました)。でもまあ、賜杯争いが横綱2人の一騎打ちになるというのは、本来そうあるべき姿でもあります。両横綱とも星を落とすことなく、千秋楽結びの一番を迎えてほしいと思います。

f:id:baribon25:20190719025239j:plain

これまで何度か力士の似顔絵を描いてきましたが、鶴竜は初めて。似てるかどうかはひとまず置いといて、思ったより描きやすかったです。尊敬する井筒部屋の大先輩・寺尾が新十両1場所だけ名乗っていた四股名「源氏山」の下の名前に由来するという「力三郎」がいいですね。角界随一のNBAファンというのもよく知られています。

 

さすがにこれは食べる気が起きません。

 まずは昨日の“オリックス1安打勝利”にまつわるトリビアから。初回先頭打者の1安打で勝ったのは、2000年5月23日の広島2-1ヤクルト(安打は木村拓也)以来、19年ぶり5回目で、今回のオリックス・福田周平のように内野安打1本での勝利は1992年9月23日の巨人1-0阪神(安打は佐藤洋)以来27年ぶり、とのこと。初回先頭打者の内野安打1本で勝ったのは、日本プロ野球史上初めてのケースのようです。こうしたデータを集めるのは楽しいですね。

 さて。職場で机の周りを整理していたら、今日(7/17)、なかなかのモノが出てきました。まあ人によっては全然なんてことないモノかもしれませんが。それは、賞味期限が約1年7ヶ月前(正確には2017年12月29日)の韓国製のカップラーメンです。

 おそらく2年以上前、同僚の韓国みやげでもらったものと記憶しています。そのうち喰おう、と思っているうち、いつのまにかワタシの視界の入らない場所に追いやられていました。先月、消費期限が1ヶ月以上過ぎたコンビニのクラムチャウダーを完食したことがありましたが(こちら)、さすがにこれは食べるのを躊躇しています。

 それでも、ハラが減ってたまらなくなったら、もしかしたら手が出るかもしれません。まだビニールをとっていないので大丈夫かな、という気もするし。食べたときはリポートします💻

f:id:baribon25:20190718031115j:plain

今日(7/17)の日刊スポーツと並べて撮影しました。カップラーメンの賞味期限は裏面に印刷してあるので、逆さにしています。

f:id:baribon25:20190718031204j:plain

上から見るとこんなデザインです。韓国では有名なラーメンなのでしょうか。

 

オリックス、1安打勝利。

 3連休明けの今日(7/16)も雨模様でした。ワタシはまたそれなりに汗をかいてしまいましたが、大事には至りませんでした。“勝負”はこれからですね。

 このところ睡眠不足が続き(自分のせいですが)、かなり疲れているのでしばらく短めでいこうと思います。今日、プロ野球オリックス×楽天で、オリックスが1安打勝利を記録しました。データ好き&記録好きのワタシとしては思わずニヤけてしまいます。

 オリックスは初回、先頭の福田周平がショートへの内野安打を放つと、その後1死一、三塁とし、4番・吉田正尚のセンターへの犠牲フライで福田が先制のホームイン。その後オリックスは安打が出ませんでしたが、投手陣が先発の山岡泰輔からブランドン・ディクソンへのリレーで楽天打線を無得点に抑えたので、1-0でオリックスが勝ちました。

 ざっと調べたところ、日本プロ野球史上、1安打勝利は2015年7月10日の日本ハム1-0西武(札幌ドーム)以来4年ぶり37回目(ほかに0安打勝利も1回あり)で、オリックスでは阪急ブレーブス時代の1950(昭和25)年5月31日の大映戦(藤井寺)以来、69年ぶりのことのようです。元気なら、先頭打者の内野安打1本だけの勝利は何回目か、スミ1(1回表または裏に1点とり、そのまま1-0で試合終了になること)の1安打勝利は何回目か等々、いろいろ調べたいところですが、それはまたの機会にして、今夜はもう寝ます。おやすみなさい。

f:id:baribon25:20190717024909j:plain

今日の“オリックス1安打勝利”のオリックスのスコアテーブルです。日刊スポーツのサイトから引っ張ってきました。このスコアテーブルを日本で最初に掲載したのが日刊スポーツと聞いたことがあります。これは発明ですね(ウラは取れていないのでもし違っていたらすいません)。

 

石川さゆり、鼻濁音完璧!

 海の日の今日(7/15)もぐずついた天気でした。今年の夏はホント、どうしちゃったんでしょう。それでも、今週末ごろからついに暑さが本格化する、との予報もあるので、いよいよ覚悟しないといけませんね。ワタシの衣替えも近そうです。

 さて。1年ほど前に書きましたが(こちら)、ワタシは鼻濁音が気になるタチです。ほとんどの人がまともに話していないことを切ないと思っています。それが久々に今日、完璧な鼻濁音に出合いました。ちと大げさですが感動しました。

 今日の日中です。洗濯物をたたみながら音楽を聴こう、とグーグルフォームミニに「80年代邦楽のヒット曲をかけて」と話しかけました。女性の機械音で「スポティファイから80-90年J-POPを再生します」と応答があり、曲が流れてきました。自分で楽曲を選ぶことはできないので、次に何が流れるか、毎回ワクワクします。中には聴いたことのない曲もあって、なんなんだ、このセレクトは、と思うときもあります。

 これまでも何回か利用してきましたが、今回、初めて演歌が流れてきました。その曲は「天城越え」。石川さゆりの名曲です。ここでふと、「あまぎごえ」の「ぎ」と「ご」は鼻濁音が連続するな、と思い、どう歌うのか、耳を傾けて聴いていました。すると……。

 いやあ~完璧でした。石川さゆり、さすがです。過去に彼女がテレビでこの曲を歌うのを見た記憶はありますが、そのときはそんなに集中しておらず、鼻濁音については意識していませんでした。でも今日は映像がない分、歌に集中できたのです。

 サビの〽天城越え~の部分はもちろん、ほかにも、舞い上がりの「が」、火をくぐりの「ぐ」等々、石川さゆりの鼻濁音は、どれもこれもサイコーでした。今さらながら、惚れました。やはり、鼻濁音は鼻濁音として、歌手に皆さんにはきっちりと歌ってほしいと思います。

f:id:baribon25:20190716035849j:plain

石川さゆりには「天城越え」以外にも「津軽海峡冬景色」という大ヒット曲があります。こちらもタイトルに「つ“が”るかいきょうふゆ“げ”しき」と鼻濁音がふたつ入っています。この曲は石川さゆりが18歳のときにつくられました。当時から鼻濁音を当たり前のように歌っていたんでしょうね。

 

ウィンブルドン決勝、もうグッタリです。

 さきほど、ウィンブルドン男子シングルス決勝、ノバク・ジョコビッチセルビア)×ロジャー・フェデラー(スイス)が終わりました。試合時間、実に4時間57分。男子シングルス決勝では史上最長です。この死闘を制したのは、ジョコビッチでした。これで2年連続5回目のウィンブルドン制覇となります。

 ワタシは今日(7/14)、日中に外出してかなりの人ごみの中にいて疲れたこともあって、帰宅後、しばし仮眠をとってウィンブルドンに備えました。午後9時半過ぎに起き、午後10時前からテレビの前へ。そして、ゲーム開始から終了まで、すべてを見ました。トイレに行くのも惜しいほど目が離せない展開が続いて、ヘロヘロです。グッタリしています。

 ジョコビッチから見て、スコアは7-6、1-6、7-6、4-6、13-12。5セット中、実に3セットがタイブレイクでした。最終セットのすさまじさといったら。そのタイブレイクをすべてモノにしたジョコビッチはさすがでしたね。何度も何度も追い詰められ、スタンドから“フェデラーコール”が起こる中、プレッシャーをはねかえして勝利を手にした精神力と‍技術は、見事としかいえません。

 2年ぶり9回目の優勝を目指したフェデラーは、トータルのポイントで上回ったものの、惜しくも届きませんでした。何度もチャンスはあったんですけどね。実のところ、ワタシも途中からフェデラーに感情移入して見ていたので、残念です。

 もうすぐ4時となります。月曜日が祝日でよかったです。おやすみなさい。

f:id:baribon25:20190715035420j:plain

テレビ画面から撮影しました。キャサリン妃から優勝トロフィーを受け取るジョコビッチです。

 

東邦、コールド負けで春・夏連覇ならず。

 まずは昨夜のウィンブルドン男子シングルス準決勝、ラファエル・ナダル(スペイン)×ロジャー・フェデラー(スイス)から。いや~見ごたえありましたね。結果はセットカウント3-1(7-6、1-6、6-3、6-4)で“芝の王者”フェデラーの勝ち。随所に“らしさ”が見られました。8月で38歳となるのに、衰えは見られませんね。さすがでした。決勝の相手は第1シードのノバク・ジョコビッチセルビア)。フェデラーは2年ぶり9回目、ジョコビッチは2年連続5回目の優勝を目指します。過去の対戦成績はフェデラーの22勝25敗で、フェデラーは現在3連敗中ですが、今回はやってくれそうな気がします。

 ちなみに女子シングルスは先ほど決勝が行われ、シモナ・ハレプが4大大会歴代最多タイの24度目の優勝を狙ったセリーナ・ウィリアムズ(米)に6-2、6-2のわずか56分でストレート勝ち。ルーマニア選手として大会初優勝を遂げました。ワタシもテレビ観戦していましたが、あっという間でしたね。

 さて。全国高等学校野球選手権大会夏の甲子園)は、各地で地方大会の真っ最中です。ワタシは今日(7/13)、仕事だったのですが、その合間にネットニュースを見ていたら、「愛知大会で東邦敗退」という見出しが目に入りました。なんとなんと。東邦は平成最後の大会となった今年のセンバツ王者で、今大会に春・夏連覇の期待がかけられていました。それが愛知大会2回戦で、星城に3-10でまさかのコールド負け。これにはビックリしましたね。「3番投手」で今夏初登板したセンバツの優勝投手・石川昂弥は、本調子ではなかったようで、7回13安打9失点。東邦の春夏連覇がなくなったことは、記録好き&データ好きのワタシとしては残念ですが、どうしようもありません。やはり、春夏連覇は簡単ではない、と結論づけます。

 そしてこれは前日、7月12日の鹿児島大会2回戦、鹿児島商×鹿児島修学館のスコアです。

       1 2 3 4 5 計 
鹿児島修学館 0 0 0 0 0|0
鹿児島商   25 12 4 14 ×|55

 地方大会の序盤では、力量に差がありすぎるチームが対戦すると、こうした一方的な点差になることがあります。それにしても、ここまで一方的にやりこめる必要があるんでしょうか。ワタシが鹿児島商の監督なら、第2打席以降は右打者は左打席に、左打者は右打席に入って、初球からガンガン打っていけ、と指示しますね。これに対して「手を抜いている」と言われると困っちゃうんですけど。

 そういえば、今から21年前の1998(平成10)年(松坂大輔を擁した横浜=東神奈川が史上5校目の春夏連覇を達成した年です)の青森大会2回戦では、こんなスコアもありました。

     1 2 3  4 5  6 7   計 
東奥義塾 39 10 11 17 16 12 17|122
深浦   0  0  0 0 0  0 0|0

 当時の青森大会は5回でなく7回でコールド制だったんですね。2000(平成12)年に高野連が地方大会の規定を統一し、「5回以降で10点差以上、7回以降で7点差以上」としたので、こんなゲームはもうお目にかかれないでしょう。というより、あっちゃいけませんよ。

f:id:baribon25:20190714024825j:plain

鹿児島商55-0鹿児島修学館、今日の朝日新聞朝刊の記事です。鹿児島修学館が「よくやった」という論調で、なんだかなあ、という気になります。