散髪は年1回。

雑記です。

キラキラネーム、「山田太郎=ドカベン」の結論は?

 2月3日、節分。とは何も関係ないネタでいきます。今朝、自宅で朝刊(朝日新聞です)を取り出し、1面の右側にある注目記事の見出しに目をやると、興味を引く項目がありました。

法改正でキラキラネームは
 名前の読み方は一般に認められているものにする。法制審議会の部会がそんな案をまとめた。「キラキラネーム」をどこまで認めるのか。命名文化は守られるのか〉

 キラキラネームといえば去年5月にも法務省で戸籍法部会が開かれ、取り上げられた記事にはさまざまな具体例が出ていました。ワタシも取り上げましたが(子どもの名前、「山田太郎」で「ドカベン」!? )、一部を再掲載します。

〈一方で、「山田太郎」を人気野球漫画の主人公「ドカベン」として読むことを認めるかについて、担当者は「直ちに結論が出ない」とした。その上で「一概に音訓読みできないからと認めないというわけではない。山田太郎と書いてドカベンを連想される方もいるので、どちらの結論もありえます」と話した〉(2022年5月17日、日刊スポーツ)

 これを読んで以降、ワタシは「山田太郎ドカベン」が認められるのか、ずっと気になっていました。あれから8ヶ月以上が経過し、もしかしたら結論が出たのかもしれません。ワクワクしながら記事が出ている29面を開きました。

 しかし、何度読んでも「山田太郎」「ドカベン」の文字は見当たらず(「太郎」は出てきました)。名前が出てきた箇所の一部を抜き出します。

〈ただ、「一般の読み方」か否かを判断する具体的な基準や例は示されなかった。既に一定程度使われている「海(マリン)」などは認められる可能性がある一方、「光宙(ピカチュウ)」や「七音(ドレミ)」は、社会に受け入れられ、慣用されているかという観点で個別に判断される〉(2023年2月3日、朝日新聞

法務省は施行までに、読み仮名として許容できない類型を通達で示す予定で、原則として「社会を混乱させるような読み方」は認められないと指摘。漢字が持つ意味とは反対の「高(ヒクシ)」、漢字の意味や読み方から全く連想できない「太郎(マイケル)」といった類型を想定している〉(同)

 今回、「山田太郎ドカベン」は議題に上がらなかったのでしょうか。それとも、すでに法務省の中で結論が出ているのでしょうか。それならそれで、はっきりさせてほしいところです。記事を読み終えても、モヤモヤ感は抜けませんでした。続報が待たれます。

法務省 イラスト 無料」でネット検索したところ、また「かわいいフリー素材集 いらすとや」さんにあったのでお借りしました。「法務省中央合同庁舎第6号館」だそうです。「いらすとや」さん、今年もお世話になります!

 

2月2日。

 去年の今日(2/2)は2022年2月2日だったので、ゾロ目好きのワタシはニンマリしていました。まあその20日後、2022年2月22日にはさらに2が増えるのでまたテンションが爆上がりしたんですけど。

 今年は2023年なので、去年ほどの高揚感はありません。それでも、ワクワクはします。そこで、なにか2月2日のゾロ目にちなんだイベントは行われたのか、と思って検索をかけましたが、なにもヒットしませんでした。ただ、かなり強引ながら、この記事は今日2月2日にふさわしいかな、と思ったので抜き出します。

〈ヤクルトキャンプ2日目は、主砲の村上宗隆が23歳の誕生日を迎え初日に続きランチ特打を行った。この日は68スイング中19本の柵越え。バックスクリーン上部を直撃する推定140mの特大弾をはじめ、バックスクリーン直撃の2発など、バースデーを自ら祝う豪快アーチを連発した〉(TBS NEWS DIG)

 そう、以前にふれたとおり、昨季史上最年少で三冠王を獲得したヤクルト・村上宗隆の生年月日は2000年2月2日なんですよね。そして村上は3人兄弟の2番目。かなりのこじつけですが、まさに〝2〟の申し子といえます。今季、〝2〟度目の三冠王が現実のものとなるでしょうか。

 これも去年書きましたが、記録&データ好きとしてはこのまま村上には日本にとどまってもらい、王貞治の持つ不滅の記録(通算868本塁打&2170打点etc.)の更新を期待したいところです。しかし、村上はできるだけ早いうちにメジャー移籍を考えている様子。その時期は2025年とも、2024年とも言われています。村上の日本でのプレイは今季が見納めになる可能性も少なからずあるわけです。

 今年、レギュラーシーズンはWBC後の開幕になります。侍ジャパンのメンバーでもある村上には、WBCではくれぐれも無理をしないでほしい。ここでケガでもした日にゃあ、目も当てられません。日本球界最強のスラッガー・村上が今後、順調に進化していくことを願って、今夜は寝ます。

ネットからスクショしました。2月3日付のスポーツ紙は、村上のバースデー弾を1面で取り上げるところがあるかもしれませんね。

 

日本プロ野球キャンプイン&テレビ放送から70年。

 2月がスタート。今年も閏年ではないので、たった4週間で終わってしまいます。個人的に、今月もいつのまにか終わっちまった、なんて展開にならないように。中身のある月にしたいところです。

 日本プロ野球は今日(2/1)、6日始動の西武を除く11球団が宮崎県&沖縄県の各地でキャンプをスタートさせました。ベースボールファンにとって、待ちに待った球春到来。今年は3月にWBC(World Baseball Classic)がありますから、例年とは違った雰囲気で、大いに盛り上がりそうです。ワタシはWBCそのものには懐疑的なのですが、少し前にも書いたとおり、始まったら始まったで侍ジャパンのプレイに一喜一憂するのは確実、と言っておきます。

 ここで少しネガティブなことを書きます。ワタシがWBCで思い出すのは、2006年、2009年に日本が連覇を果たしたこと以外に、2009年、WBC後のイチロー(当時マリナーズ)と松坂大輔(当時レッドソックス)のことです。

 まず、WBCの疲労で体調を崩したイチローはシーズン開幕前、胃に出血性の潰瘍が認められて自身初の故障者リスト入り。開幕から8試合を欠場しました。あのイチロー胃潰瘍になるとは……と、ワタシはWBCの凄まじさ&恐ろしさを実感したものです。

 一方の松坂はさらに深刻なものでした。WBCで2大会連続MVPに選ばれた代償か、右肩に疲労が蓄積したようで、シーズンに入ると何度も故障者リスト入り。メジャー3年目は全くいいところなくシーズンを終え、以降、一度も2桁勝利を挙げることはありませんでした。もしWBCがなかったら、松坂の野球人生ならびに生涯成績は大きく変わっていたのでは、とさえ思ってしまいます。こんな虚しい考察はありませんね。

 WBCはそれだけ重圧がかかる大会なのでしょう。今大会も、侍ジャパンのメンバーには、いくら日の丸を背負っているとはいえ、くれぐれも無理をしないでほしい。シーズンに影響が出ないことを祈るばかりです。

 そしてもうひとつ、2月1日は1953(昭和28)年にNHK東京放送局が日本で初めてのテレビ放送を開始した日でもあります。今年でちょうど70年。NHKでは「テレビ70年」キャンペーンを展開し、テレビの歴史と時代を振り返る特番を多く用意しているようです。昭和のテレビ黄金時代を知る者としては見逃せません。随時、チェックを入れようと思います。

このところ「テレビ離れ」が進んでいるとよくいわれますが、ワタシはまだまだテレビに期待をかけたいです。画像は「無料で使えるかわいい手書きイラスト素材サイト ONWAイラスト」さんからお借りしました。

 

「警告札」を破ってポイ。

 1月ラスト・デイ。なんとまあ、早くも2023年の12分の1が終わってしまいました。時が経つのは早いですね。50代も終盤に差しかかっており、年々早く感じます。

 そんな節目の今日(1/31)、帰宅時に若い男性の豪快な舌打ちを耳にしました。午後10時台、駅前の某ディスカウントショップの前の道を通ったときのこと。歩道は当然ながら駐輪禁止となっています。バス停のような看板も置いてあります。それでも、無視して自転車を停める人は多いですね。この日も1台、停まっていました。まあ歩道を歩く分には特に支障はないんですけど。

 ワタシが歩いていると、停めていた自転車の持ち主(おそらく30代・♂)が現れました。彼は思い切り舌打ちをしたあと、自転車にカギを差し込み、発車させます。その際、ハンドルに付いていた紙を破って捨てていました。

 ??? と思ったワタシは、捨てられた紙に近づきます。目をやると、そのうちの1枚には「警」、そしてもう1枚には「告」とありました。そう、自治体からの「警告札」だったようで。

周囲に人がいたので、タイミングをはかってパチリ。写真左が「警」、右が「告」です。

 あとで確認したところ、そこには「自転車放置禁止区域です」「条例の規定により撤去します」と書かれていました。ただ、猶予期間があり、今回の彼のように、警告札を破って捨てても、すぐに撤去されることはない感じです。とはいえ、もしかしたら防犯登録ナンバーや車体番号などは控えられているかもしれません。

 彼は自転車を毎日ここに停めているのか、それとも今日たまたま停めただけなのか。ワタシにはなんの関係もないことなので、ほっときます。

 日付変わって2月がスタートしました。いい月にしたいですね。

「告」のアップはなんとか撮れましたが、「警」のほうはピントが甘くブレブレだったので、載せません。

 

ジョコビッチ、全豪V10で4大大会通算22勝目。

 本来なら、前日に書くべきテーマでした。しかし、ワタシとしたことがチェックを入れるのをすっかり忘れており、今朝(1/30)の朝刊&スポーツ紙で初めて知ったしだいです。

 テニスの4大大会の幕開けを飾る全豪オープンの男子シングルス決勝は、第4シードのノバク・ジョコビッチ(35=セルビア)が第3シードのステファノス・チチパス(24=ギリシャ)に6-3、7-6、7-6のストレート勝ち。2年ぶり10度目の優勝を果たしました。4連覇のかかった去年は新型コロナウイルズのワクチン接種をめぐって欠場したため、全豪オープンでの連勝は28にまで伸びています。

 ジョコビッチはこれで4大大会通算22勝目。ラファエル・ナダル(36=スペイン)の持つ男子シングルス最多優勝に並びました。これはデータ&記録好きとして、ふれないわけにはいきません。4大大会で通算20勝以上を挙げているのは、ジョコビッチナダル、そしてロジャー・フェデラー(41=スイス)の3人です。

                 全豪 全仏 ウィンブルドン 全米 合計
ノバク・ジョコビッチセルビア) 10勝 2勝  7勝   3勝 22勝
ラファエル・ナダル(スペイン)  2勝 14勝  2勝   4勝 22勝
ロジャー・フェデラー(スイス)※ 6勝 1勝  8勝   5勝 20勝

フェデラーは2022年に引退

 ジョコビッチナダルは全ての大会で2勝以上を挙げ、ダブルキャリアグランドスラムを達成。今後、両者の〝最多勝争い〟が楽しみでなりません。ただ、前述したように、ジョコビッチは35歳(1987年5月22日生まれ)、ナダルは36歳(1986年6月3日生まれ)。今後は年齢との戦いが待っています。

 4大大会の次戦は、5月開幕の全仏オープンナダルが得意の大会でまたジョコビッチを突き放すか。痛めた左股関節の回復具合が気になります。そして、ジョコビッチは2年ぶりの全仏制覇で、一気にナダルを抜き去るか。願わくば、決勝で2人の対決を見たいところです。

 ここでナダルジョコビッチ、通算の対戦成績をATP Tourの公式サイトから抜き出してみます。

 通算:ナダル29勝、ジョコビッチ30勝
 4大大会:ナダル11勝ジョコビッチ7勝
 (全豪オープンナダル0勝、ジョコビッチ2勝
 (全仏オープンナダル8勝ジョコビッチ2勝)
 (ウィンブルドンナダル1勝、ジョコビッチ2勝
 (全米オープンナダル2勝ジョコビッチ1勝)

 全仏オープンナダルが圧倒している以外は互角、といえます。2人にはまだまだコートで元気な姿を見せてほしいですね。

ジョコビッチの優勝、今朝の日刊スポーツの記事はあまり大きな扱いではありませんでした。ワタシは少し不満です。

 

2023年1月最後の日曜日。

 が終わりました。いやはや。もう1月も残りわずかです。今年もあっという間に過ぎていきそうな気配。しっかりと過ごしていかんといけませんね。

 しかし、今日(1/29)はなんてことなく時間が過ぎていきました。午前中いっぱいは寝ていよう、と思っていたのに起こされたのは計算違い。この影響が出たと見え、また夜中に寝てしまったのはしかたないところです。

 日中は近くに買い物に出たぐらいで、特にエピソードもなし。ま、こんな日もありますわね。

 前述したとおり、日付が変わるぐらいから自分の意志と裏腹に寝てしまい、先ほど起きたところ。少し落ち込んでいます。時刻はまもなく4時。さっさと寝直します。おやすみなさい。

午後4時半ごろに帰宅し、テレビをつけたら、前日に断髪式を終えた元横綱白鵬の特番をやっていました。しかも生放送で。ワタシはまだ新聞のラテ欄に目を通していなかったので、この放送があることを知りませんでした。前半30分はどんな構成だったのか。録画する価値があったかもしれませんね。

 

土曜日、トホホのパターン。

 われながらガックリ、のやつです。書き始め、日曜日の朝8時過ぎ。日付が変わる前からうとうとしてしまい、目が覚めては寝て、の繰り返しで、ようやくシャキッとしたのはもう7時過ぎでした。

 去年まで、土曜日はこのパターンが多く、そのたびに気分が萎えていました。今年はさらにひどくなりそうな気がして、イヤな予感がします。

 今日、というにはムリがある1月28日の土曜日は午前中から動き回り、体力を消耗したのが響いてますね。今回は、ある店の中で、ワタシが目の前にいるのに大きな声で話していた女子高生2人組のバレンタインデーに関する会話をネタにしようと思っていました。

 が、時間も時間なので少しだけふれます。2人組のうちのAがBに、チョコを渡すかどうかを相談。それに対するBのアドバイスがなかなかシビアなものだったので、ワタシはAに少し同情してしまいました。2人は本当の親友なのか。バレンタインデー当日、ワタシはAがうまくいくことを願っています。

 時刻は8時半を過ぎました。寝直します。

寒い中、朝刊を取り出して日刊スポーツを見たら、1面は「大谷胴上げ侍」。ワタシは元横綱白鵬の断髪式あたりでもよいかなと思っていましたが、その記事は第7面の掲載でした。