散髪は年1回。

雑記です。

「電車とホームの間に……」。

 当初は別のテーマで書く予定でしたが、それは腐るネタではないので、変えることにします。今日(12/14)の夜、社会人になって初めての体験をしたもので。まあそんなに大層なことではないんですけど。

 仕事を終えて職場を出て、最寄りの駅に着いたのが午後10時45分ごろでした。金曜日の夜ということで、ホームはごったがえしていました。忘年会帰りの人が多かったように思います。人ごみをかき分けて、ワタシがいつも乗る車両の前に着いたころ、ちょうど電車が入ってきました。いつもどおり、「電車とホームの間は広く開いております 足元にご注意ください」とアナウンスが流れました。

 この時間は降りる人よりも乗る人のほうが多いですね。客が降り終わると同時に、乗る人たちが一気になだれこみます。かなりの人数です。ワタシの目の前は、若くて小柄な女性でした。なんとか乗れるな、と思った瞬間、その女性が視界から消えました。「きゃあっ」と声がして、電車とホームの隙間にすっぽりと落ちて挟まってしまったのです。

 社会人になって30年以上が経ちますが、電車とホームの間に人が落ちるのをこの目で見たのは初めてです。思わず「わお」と声が出てしまいましたが、このままにしておくわけにはいきません。ワタシは焦りつつも、もう一人の見知らぬ男性と、彼女の手をつかんで引っ張り上げました。女性が小柄で軽かったこともあって、予想以上にすぐ抜けました。とりあえずひと安心です。彼女も、連れの女性も、そしてワタシも無事、車両に乗り込みました。

 車内は激混み状態です。女性と連れの女性から「ありがとうございました」と言われて「いいえ」と答えたあと、ドアが閉まり、電車が発車しました。ワタシが乗り換える駅までは3つ。それまでの辛抱だ、と覚悟を決めたら(大げさ)、いきなりブレーキがかかり、電車が急停車しました。当然、立っていて吊り革につかまっていない人たちはバランスを崩し、倒れこみます。ワタシはギリギリで吊り革をつかみ、転倒を免れました。彼女たちもなんとか耐えていました。

 少しして「安全の確認を行っております」とのアナウンスがありました。電車とホームの間に落ちた女性に対して、連れの女性が「あんたが落ちたからじゃない?」と笑いながら言うと、落ちた女性は「そうかもしんない」とこちらも笑顔で返します。2人とも明るいキャラクターで、落ちて挟まったことがおかしくてたまらない、といった感じでした。しばらくして、電車は再び発車しました。結局、急停車は彼女が落ちたせいではなく、別の車両での荷物挟まりが原因だったようです。

 乗り換えの駅でワタシが降りると、2人も降りてきました。このあと、どうしたのかはわかりません。電車とホームの間に落ちて挟まった話は、しばらく彼女たちの仲間内で大いに盛り上がりそうですね。

f:id:baribon25:20181215022254j:plain

「新・平成の伊能忠敬」シークレットキャラクター③ さすがに女性が落ちて挟まったところを撮影することはできません。そんな余裕もありません。そこで久しぶりにシークレットキャラクターシリーズでいきます。3番目に出てきたレアキャラは、松尾芭蕉をモデルにしたと思われる俳人キャラです。「カエル トビコム ミズノオト シゼンヲ カンジヨ」と語りかけます。2年前の5月5日、子どもの日に登場しました。

 

2018年、今年の漢字は「災」。

 前日の12月12日、その年の世相を一字で表す「今年の漢字」が発表されました。平成最後の「今年の漢字」は「災」でした。以下、2位は「平」、3位は「終」、4位は「風」、5位は「変」。これまでの「今年の漢字」は下記のとおりです。

 1995年 震
 1996年 食
 1997年 倒
 1998年 毒 
 1999年 末
 2000年 金
 2001年 戦
 2002年 帰
 2003年 虎
 2004年 災
 2005年 愛
 2006年 命
 2007年 偽
 2008年 変
 2009年 新
 2010年 暑
 2011年 絆
 2012年 金
 2013年 輪
 2014年 税
 2015年 安
 2016年 金
 2017年 北
 2018年 災

「災」が選ばれるのは2004年に続いて2度目。あんまり新鮮味は感じられません。「金」に至っては2000年と2012年、2016年の3度選ばれています。そう、すべて夏季オリンピックのあった年です。そうそう毎回違う漢字にはならない、ってことですね。その意味で、個人的にはもう「今年の漢字」の役目は終わったような気がします。

 ワタシは「今年の漢字」に一度も応募したことがありません。でも、しいて言うなら今年は2位の「平」じゃないですかね。“平”成最後、“平”昌(ピョンチャン)冬季オリンピックで女子スピードスケートの小“平”奈緒が金メダル、スノーボードの男子ハーフパイプで“平”野歩夢が銀メダル、エンゼルスの大谷翔“平”がメジャーリーグ新人王と、多少こじつけもありますが、「平」は2018年を語るにふさわしいと思います。

今年の漢字」は来年以降も継続されそうです。明るい理由の漢字が選ばれる年が続くといいですね。

f:id:baribon25:20181214011939j:plain

ワタシ個人が今年の漢字を一字選ぶとしたら、「耐」ですね。詳しく書けないのがもどかしいですが、仕事での“いろいろなこと”に耐え、汗かきには相当キツかった酷暑に耐え、突然襲われた腰痛に耐え、ほぼ毎日の睡眠不足に耐え、小さなストレスの積み重ねに耐え、2018年は終わっていきそうです。

 

濡れた枯葉ですってんころりん。

 最寄り駅から職場まで、徒歩で約13分ほどです。今の時期はその道中、すさまじい量の枯葉が落ちているところがあります。誰も掃除をしない道なので、自然になくなるのを待つしかありません。

 晴れている日は全く問題ないのですが、その道を歩いていて今日、思い切り滑って転んでしまいました。臀部を強打しました。前日から今朝にかけての雨で、枯葉が湿り、滑りやすくなっていたようです。ワタシは出勤時、3足のスニーカーをローテーションで履き替えているのですが、今日のスニーカーは、あとで改めて底面を見てみたら、ツルツルしていて、滑り止めがほとんど役に立っていませんでした。

 転倒後に周りを見たら、たまたま前後に人の姿はなし。もともと人の行き来が少ない道とはいえ、とりあえずホッとしました。それにしても、痛いのと小っ恥ずかしいのとで、なんとも言えない気分でした。何事もなかったかのように起き上がって再び歩き始めましたが、ここから職場まではあと半分ほどあります。“枯葉道”もしばらく続くので、その部分が終わるまで、慎重に慎重に、ゆっくりと歩かざるを得なかったですね。

 職場に着いても痛みはなかなかとれませんでした。転んだことを同僚に少し大げさに話して、少しだけ気分が楽になりました。今日のスニーカーは今後、しばらく雨の日の後には履かないようにします。

f:id:baribon25:20181213024524j:plain

職場により近くなると、枯葉の量はガクンと減ります。左下に写っているのはワタシの左足です。

 

セブンスター50周年。

 またしても仕事で終電の帰宅となってしまいました。今日が忙しさのピークだったのでしかたありません。大きな山は越えました。あとは明日の水曜日を乗り切れば、ある程度落ち着きます。

 ということで疲れているので今回も短めで。今朝の朝刊に、「セブンスター50年」と出ていました。正確には来年2月1日で発売50周年となるようです。つまり、発売開始は1969(昭和44)年ですね。当時の値段は今の5分の1の100円。愛煙家のワタシはセブンスター一筋で、吸い始めて30年以上が経ちますが、買い始めのころは180円だった記憶があります。

 セブンスターは味がいいですね。前にも書いたように、ワタシが今1日に吸う本数は最大で4本です。最近は3本しか吸わない日も増えてきました。やめる気はありませんが、ほかの銘柄を吸う気はないので、もしセブンスターが販売されなくなったら、キッパリと禁煙します。まだ根強い人気を誇っているようなので、なくなることはなさそうなんですけど。

 記事によると、来年1月下旬から“50周年限定パッケージ”4種類が数量限定で発売される、とのこと。楽しみです。これはなんとしても手に入れないといかんですね。

f:id:baribon25:20181212033800j:plain

これまでも、セブンスターの限定パッケージはいくつか発売になっています。現在のワタシが持っているセブンスターのコレクションは6種類。吸わずにとっているので、賞味期限はとうに切れています。実はもう1種類、派手なパッケージのものがあったのですが、封を開けてしまったので、コレクションには含みません。

 

3億円事件からちょうど50年。

 1968(昭和43)の12月10日、東京・府中市で3億円事件が発生しました。犯人が捕まることはなく、今日でちょうど50年となります。ワタシは生まれていましたが、幼稚園にもあがる前で、当然ながら事件の記憶は全くありません。ただ、小学生だった1975年(昭和50)年、3億円事件が公訴時効を迎えるにあたり、同じクラスのKくんがものすごく興奮してみんなに教えて回っていたのを覚えています。

 これまで、3億円事件はテレビドラマや漫画、小説、映画等で数多く取り上げられてきました。ワタシが印象に残っているのは、沢田研二が犯人を演じたテレビドラマ「悪魔のようなあいつ」(TBS)です。リアルタイムで見たのは夏休みの期間中だけでしたが、ジュリーの妖しげな魅力は、小学生のワタシにも十分伝わりました。その後、だいぶ経ってから、DVDで全話を見ました。「三億円事件 時効まで あと〇〇日」と最後に出てきたのを見て、そういえばこの展開だったな、と当時を思い出しました。

 ほかにも、3億円事件に関しては、いろいろと文献を読んだり、再現ドラマの映像を見たりしました。事件は大胆で鮮やかな手口としか言いようがありません。それにしても、真犯人は一体どんな人物だったんでしょうね。子ども心に、時効が成立したらもう捕まらないんだから名乗り出てきてもいいのに、と思った記憶があります。事件からちょうど半世紀が経過して、犯人が当時20代だとしたら、今は70代になるんですね。まだ身を潜めて生きているのか、それとも亡くなったのか。犯人は、もしかしたら周囲にいるかも……と妄想してしまう自分がいます。もし身近にいて、犯人だというウラがとれたら、ぜひ、個人的に話を聞いてみたいですね。

f:id:baribon25:20181211025912j:plain

今日は第2月曜日で新聞休刊日。朝刊は配達されないので、3億円事件に関する記事は見ることができませんでしたが、朝日新聞は前日日曜日の天声人語で取り上げていました。そして今日月曜日の夕刊には、関連書籍の全面広告(写真)が掲載されています。

 

『前略、昭和のバカどもっ!!』衝動買い。

 ワタシは新刊本、古本問わず、書店に行くのが大好きです。特に目的がなくても、ヒマさえあれば行ってしまいます。若いときの待ち合わせには、書店を指定するときが多かったです。

 今日(12/9)は地元の書店で新刊本を衝動買いしてしまいました。背表紙を見て、中も読まずに即、購入した本のタイトルは『前略、昭和のバカどもっ!!』。著者は現在、テレビドラマや舞台で、名ヴァイプレイヤーとして活躍する晴海四方です。

 彼は、1980年代中盤に文字どおり一世を風靡した男ばかりの集団、一世風靡セピアの元メンバー。ゆったりとしたズートスーツ&サスペンダー&赤い靴下で「素意や 素意や~」と歌い踊りまくり、大ヒットした「前略、道の上より。」のインパクトは強烈でした。バク転やバク宙をする彼らの姿がカッコよく、20歳そこそこだったワタシはすっかりハマってしまい、写真集やアルバム(当時はLPでしたね)、さらにはVHSビデオも買っていました。それらは家のどこかにまだ眠っているはずです。

 ワタシにとって、晴海四方は7人いるメンバーの中で、憧れの対象ではありませんでした。でも、メンバーだった人の筆で(ゴーストライターが書いたのかもしれませんが)、一世風靡セピアの話を読めるのはありがたいですね。もういまから30年以上前、元号は昭和の時代。ワタシも若かった。エネルギッシュで情熱的だった当時を思い出し、遠い目になりそうです。

f:id:baribon25:20181210040134j:plain

まだ中身は1ページも読んでいません。それなりに一世風靡セピアについての“逸話”は知ってるつもりですが、おそらく想像以上のものが出てくるでしょう。ワクワクします。読み始めたら、あっという間に読破してしまいそうです。

 

気分のいい夜でした。

 日付が変わって6時間以上が経ってしまいましたが、12月8日という前提で書きます。77年前の1941年には太平洋戦争が始まり、38年前の1980年には元ビートルズジョン・レノンが米・ニューヨークの自宅アパート前で射殺された日です。マニアックな項目としては、55年前の1963年にはプロレスラーの力道山暴力団員に刺された日でもあります。力道山は15日後に死亡しました。

 今日は久しぶりの土曜出勤。昼過ぎに職場に着いた時は誰もいず、ワタシだけかなと思っていたら、あとで2人が出勤してきました。席が離れているので会話することもなく、静かな雰囲気の中、それなりに仕事ははかどりました。これであとは来週の月~水の3日間をなんとか乗り切れば、忙しさからはとりあえず解放されます。

 仕事を終え、ほかの2人よりも先に職場を出て、予定どおりにひとりで軽く飲みに行ってきました。この店は、何日か前にもサラッと書きましたが、ワタシにとって居心地がよく、もう30年以上通っている居酒屋です。今回も店のご主人&奥さんとの会話を楽しみ、控えめに飲み喰いして、気分よく出ました。年末にはまた内輪の忘年会でこの店を訪ねることになります。

 午後11時前には帰宅しました。少し眠くなったので横になっていたら、いつのまにかうとうと。ついには熟睡してしまってました。家族の誰も起こしてくれず、ハッとしたらもう早朝の5時過ぎ。まいりました。このあと、あらためて寝ます。

f:id:baribon25:20181209063708j:plain

今日のスポーツ紙は、付け人に暴力を振るった幕内力士・貴ノ岩の引退会見に大きな紙面を割いていました。去年10月、当時の横綱日馬富士に暴行を受けた被害者が、1年後には加害者になるとは。会見では、かつての師匠・元横綱貴乃花親方と連絡を取ったことを明かしていましたが、内容について聞かれると「そこは……」と語ることはなし。何を話したのか、おそらく表に出ることはないでしょうね。