散髪は年1回。

雑記です。

バリボン落選、殿堂入り資格喪失。

 毎年この時期、恒例のネタです。日本時間1月26日午前、アメリカ野球殿堂入りの投票結果が発表されることになっていました。殿堂入りは、メジャーリーガーにとって最高の栄誉。ワタシは毎年、発表の日を楽しみにしています。そして、今年はいつにも増してドキドキしていました。

 というのも、史上1位の通算762本塁打を記録した、ワタシが好きな〝バリボン〟ことバリー・ボンズ、さらに歴代9位の通算354勝右腕ロジャー・クレメンス、通算216右腕カート・シリングの3人にとって、今年が殿堂入り資格のラスト・イヤーだったからです。ボンズとクレメンスは薬物使用、シリングは物議を醸し出す問題発言がネックになっていましたが、それでも最後の最後で3人とも殿堂入りするだろう、とワタシは確信していました。いや、祈っていた、と言ったほうが正しいですね。

 殿堂入り選手は、全米野球記者協会(BBWAA)に10年以上所属する記者の記者の投票で決まり、75パーセント以上の得票が必要となります。去年、ボンズの得票率は61.8パーセント。あと13.2パーセントの上積みでO.K.です。絶対に大丈夫だ、と信じて結果を待ちます。

 しかし、ボンズの今年の得票率は66.0パーセントにとどまり、殿堂入りは果たせませんでした。クレメンスも65.2パーセント(去年は61.6パーセント)、シリングは去年の71.1パーセントから58.6パーセントと大きく落とし、全員が落選。一度ついた悪いイメージを払拭するのは容易ではないんですねえ。それにしても、ワタシは現役時代に抜群の成績とインパクトを残した3人全員が殿堂入りにふさわしいプレイヤーだと思うので、この結果は残念でなりません。

 ラストチャンスを生かせず、資格を喪失した3人ですが、アメリカ野球殿堂は、BBWAAの投票とは別に、過去に漏れた選手や指導者、審判員、経営者らを対象として時代別に候補者を分け、功績を精査し選考委員会の投票で殿堂入りメンバーを選ぶ制度があるので、まだ可能性は残されています。近い将来、そうなることを願って……今夜は寝ます。おやすみなさい。

f:id:baribon25:20220127025029j:plain

MLB公式サイトから、今年の殿堂入り得票率上位です。殿堂入りを果たしたのは、77.9パーセントを獲得した元レッドソックス指名打者デービッド・オルティーズ一人(左端)。資格1年目での選出は、2020年のデレック・ジーター(元ヤンキース)以来、2年ぶり58人目の快挙となりました。

 

手袋の落とし物は片方だけ。

 寒い日が続きます。暑がりのワタシも全く汗をかきません。マスクも苦しくないし、その意味ではたすかっています。とはいえ、もう少し気温が上がってほしいところ。何事もほどほどがいいということですね。

 さて。去年はどうしたことかハンカチの落し物を何度も目にしました。ここでも何度かネタにしたように、回数にして10回以上。さすがに年が明けてからはありませんでしたが、ここにきて、今度は手袋の落し物をよく見かけます。先週から今週にかけて4回。いまの寒い時期ならではの光景、といっていいんでしょうか。

 ハンカチが単品なのに対し、手袋は右手と左手がセットです。そして手袋の落とし物は、えてして片方だけ。ワタシが見たのも、すべて片手分だけでした(下の写真はそのうちの2回。ほかは撮っていません)。なぜ片方だけなのか。これは手袋を外して、バッグかポケットか、どこかにしまおうとしてひとつを落としてしまう、というパターンと思われます。その後、いざ手袋をしようとしたら、片手分しかない。けっこうショックなはずです。見方によっては、ハンカチを落とすよりもダメージが大きい気がします。

 ワタシは手袋を持っていないので、ふだんからする習慣はありません。今後もしない予定ですが、もし仮に手袋をするようになったら、絶対に落とさないよう、気をつけます🧤

f:id:baribon25:20220126032334j:plain

写真左側は職場のある建物の廊下、角のところに落ちていました。まだ新しい感じです。そして右側は地元の駅のホームで見かけた手袋。なぜかピースサインの状態になっています。不自然といえば不自然ですが、まあスルーしましょう。

 

御嶽海Vで一月場所のジンクスに終止符。

 大相撲一月場所は今日(1/23)が千秋楽。ワタシの願いは届きませんでした。優勝の可能性を残していたのは、2敗の東関脇・御嶽海と、3敗の横綱照ノ富士、西前頭6枚目・阿炎、東前頭14枚目・琴ノ若の4人。今日は阿炎と琴ノ若照ノ富士と御嶽海が直接対決が組まれていました。

 結びの一番で照ノ富士が勝てば、照ノ富士、御嶽海、そして琴ノ若-阿炎の勝者が3敗で並び、3人による優勝決定巴戦となります。ワタシはそれを願っていました。さらに、一月場所は2016年以降6年連続で初優勝力士が誕生しており、今年も継続へ向け、まだ優勝経験のない阿炎か琴ノ若に勝ってほしいと思っていました。そうなることを信じて、ワタシは自宅でテレビの前へ陣取ります。

 琴ノ若-阿炎は激しい相撲となりました。両者一歩も引かず、勝敗はどちらに転んでもおかしくなかったですね。勝ったのは阿炎。引き落としでサバイバル戦を制し、巴戦に望みをつなぎます。この時点で、ワタシは阿炎の初優勝を確信していました。

 あとは照ノ富士が御嶽海を下せば、幕内28年ぶりの巴戦です。巴戦は、続けて2勝した力士が優勝となります。照ノ富士は30歳、御嶽海は29歳、阿炎は27歳(大谷・羽生世代!)とあって、若さで勝る阿炎が有利に動くはず。巴戦になれば、一月場所の初優勝力士誕生は7年に延びるのは確実です。

 しかし、御嶽海は7連敗中だった横綱相手に、見事な相撲を見せました。立ち合い、鋭く踏み込むと、強烈なおっつけからもろ差し。揺さぶりながら出て、照ノ富士を寄り切りました。御嶽海には申しわけないのですが、ワタシは力が抜けましたね。

 これで初優勝力士誕生が続いた一月場所のジンクスに、終止符が打たれることになりました。データ&記録好きとしては残念でなりません。その一方、御嶽海は、2019年九月場所以来、自身3度目の優勝。最近3場所合計33勝となり、大関昇進を確実にしたようです。現大関貴景勝・正代が不甲斐ないだけに、御嶽海には期待しましょう。

f:id:baribon25:20220124031855j:plain

御嶽海は3回目の優勝で大関昇進を決めました。過去、複数回優勝して大関に昇進できなかったのは、ワタシの記憶では1990年代に活躍した琴錦(優勝2回)だけです。ほかにいたのか、今度じっくり調べてみます。画像は大相撲中継が終わる瞬間、賜盃を手にして一礼する御嶽海です。

 

一月場所、7年連続初V力士誕生は厳しいか。

 前日に続く大相撲ネタです。一月場所は今日(1/21)が13日目。優勝争いは、前日まで2敗の横綱照ノ富士、東関脇・御嶽海、西前頭6枚目・阿炎の3人と、3敗の東前頭14枚目・琴ノ若の4人にしぼられていました。このうち、阿炎と琴ノ若は優勝経験がありません。

 4人のトップを切って登場したのは琴ノ若。相手は3年前の一月場所の覇者で幕内最年長37歳の東前頭3枚目・玉鷲です。ワタシは職場のテレビで見ていました。琴ノ若が一気に土俵際まで詰め、このままいくと思ったら、玉鷲が逆転の突き落とし。画面では玉鷲が勝ったように見えました。が、どうやらその前、先に玉鷲の足が土俵を割っていたようで、軍配は琴ノ若に上がります。物言いはつかず、琴ノ若の押し出しで勝利。3敗を死守しました。

 そして今日一番の好取組が御嶽海と阿炎の直接対決です。ワタシは阿炎の勝利を願っていました。立ち合い、阿炎は力強く踏み込みます。しかし、御嶽海は一歩も引かず、反撃すると一気に前に出て、押し出し。経験の差が出た感じでしたね。これで阿炎は10勝3敗と一歩後退。一方、11勝2敗とした御嶽海は、2019年九月場所以来となる自身3度目の優勝と来場所での大関とりがハッキリと見えてきました。

 結びでは照ノ富士が万全の相撲で西関脇・隆の勝を寄り切り。連敗を回避し、2敗キープです。優勝争いは照ノ富士と御嶽海が2敗でトップを並走、3敗の阿炎と琴ノ若が追う展開になりました。前日に書いたように、一月場所は2016年以降、去年まで6年連続で初優勝力士が誕生しています。ワタシは今年もそのジンクスが継続してほしいと思っていますが、今日の結果を踏まえると、継続は少し厳しくなってきたと言わざるをえませんね。

 とはいえ、可能性はまだ残されています。14日目、4人が絡む取組は次のとおりです。
 
 御嶽海  9 ●○○--●  4 宝富士
 琴ノ若  0  初顔合わせ  0 隆の勝
 照ノ富士 1 -----○  0 阿炎

 宝富士と琴ノ若、阿炎が勝つことを祈りつつ、今夜は寝ます。おやすみなさい。

f:id:baribon25:20220122030547j:plain

結び前は大関・正代が東前頭5枚目・阿武咲と対戦。5勝7敗とあとがない正代は阿武咲を攻め込みましたが、土俵際で逆転の首投げを喰らい、今場所の負け越しが決まりました。画像はテレビ画面から撮影した、敗れた直後の正代。切なくなりますが、この成績だと〝ダメ大関〟と言われるのはやむをえません。正代は負け越したことで、来場所はもうひとりの大関貴景勝とともにカド番で迎えることになります。2人とも負け越したり序盤で休場したりしたら、関脇に陥落です。最近の2人の体たらくぶりを見ていると、御嶽海の大関昇進が待望されますね。

 

照ノ富士、御嶽海、阿炎、2敗で並ぶ。

 3日ぶりの更新です。深夜2時を回っているのでサクサクいきます。

 大相撲一月場所は今日(1/20)が12日目。優勝争いが面白くなってきました。まずは前日まで1敗の東関脇・御嶽海が東前頭5枚目・阿武咲に引き落としで敗れ、2敗に後退すると、次の一番では西前頭6枚目・阿炎が西関脇・隆の勝を突き出して2敗をキープします。この時点で1敗力士は照ノ富士ひとりになりました。

 照ノ富士は結びの一番で東小結・明生と対戦です。ワタシは照ノ富士横綱の貫禄を見せ、単独トップに立つものと思っていました。が、肩透かしでまさかの黒星。ワタシは映像で見ていませんが、明生がいい相撲をとったのでしょう。今日敗れると負け越しが決まるところでしたから、必死でしたね。

f:id:baribon25:20220121024238j:plain

12日目、後半4番の結果です。結び前、大関・正代は西前頭4枚目・北勝富士になんとか勝って5勝7敗。優勝争いに絡まなくなって久しく、淋しいかぎりです。

 これで一月場所の優勝争いは、照ノ富士、御嶽海、阿炎の3人が2敗で並び、東前頭14枚目・琴ノ若が3敗で追う展開となりました。ワタシがこの4人の中で賜盃を手にしてほしいのは、まだ優勝経験のない阿炎と琴ノ若のどちらかです。

 ご存じのように、一月場所は2016年から去年まで、6年連続で初優勝力士が誕生しています。データ&記録好きのワタシとしては、今年もぜひこのジンクスが継続してくれることを願っているのです。11日目を終え、照ノ富士と御嶽海が1敗でトップに立ったときは、さすがに途絶えるかも、と覚悟しました。しかし、ここにきて、俄然、期待が高まっています。

 13日目、4人が絡む取組は次のとおりです。

  玉鷲   3 -○●○○- 1 琴ノ若
  御嶽海  7 ------ 2 阿炎
  照ノ富士 5 ●○○○○○ 2 隆の勝

 2敗の御嶽海と阿炎の直接対決が組まれました。過去の対戦成績は御嶽海が大きく勝ち越していますが、最近は対戦がありません。まずは2敗を死守するのはどちらでしょうか。ワタシも、できれば職場のテレビで、リアルタイムで見届けたいと思います。

f:id:baribon25:20220121024428j:plain

なお、3日前にふれた東前頭11枚目・佐田の海の〝ヌケヌケ〟は、その翌日の10日目にストップしていました。やはり、15日間続けるのは至難の技のようです。まあ、〝ヌケヌケ〟を狙っている力士はいないでしょうし、ね。画像は再び相撲協会からです。

 

水島新司死去、松山英樹V、佐田の海〝ヌケヌケ〟継続。

 帰宅、深夜1時過ぎ。当初は更新するつもりがなかったのですが、阪神大震災から27年となる今日1月17日、書き留めておきたいことが続いたので軽くふれておきます。

 まずは漫画家・水島新司さんが1月10日に肺炎で亡くなっていたこと。82歳でした。2020年の12月に漫画家引退を発表したとき(こちら)、その理由は明らかにしていませんでしたが、体調面の問題が大きかったのかもしれませんね。前回も書いたように、ワタシは水島漫画に、野球に関するさまざまなことを学ばせてもらいました。水島さんは、日本の野球界の大恩人といっていい、偉大な漫画家でした。本人は辞退したようですが、野球殿堂入りするにふさわしい人物だと思います。謹んでご冥福をお祈りします。

f:id:baribon25:20220118024948j:plain

朝日新聞夕刊の記事です。スペースが少しもの足りない気がしますが、朝刊ではもっと大きく紙面を割いてくれるでしょう。スポーツ紙の扱いも楽しみです。

 続いてはゴルフです。現地時間1月16日(日本時間17日)、米国ハワイ州ホノルルのワイアラエCCで行われた米男子ツアーのソニー・オープン最終日。首位のラッセル・ヘンリー(米)と2打差の2位でスタートした松山英樹が最終18番ホールで追いつき、プレイオフ1ホール目で決着をつけました。ワタシが職場のテレビで見始めたときは18番ホールに入ったところ。もう流れは完全に松山にきてましたね。プレイオフは勢いに乗る松山の強さをあらためて感じました。これで松山はアジア人最多に並ぶ米ツアー通算8勝目となります。

f:id:baribon25:20220118025054j:plain

職場のテレビ画面からスマホで撮影した、優勝を決めた松山とヘンリーです。相変わらずクオリティーが低くてガックリきます。

 最後は大相撲一月場所9日目から。優勝争いと関係ないところでワタシが注目している力士、東前頭11枚目・佐田の海は東前頭9枚目・千代の国を送り出し、5勝4敗としました。佐田の海は初日から〇●〇●〇●〇●〇と、〝ヌケヌケ〟継続です。9日目まで〝ヌケヌケ〟を続けたのは、去年九月場所の宝富士以来。宝富士は10日目でストップしましたが、佐田の海の〝ヌケヌケ〟はどこまで続くでしょうか。これまで何度も書いているように、千秋楽までいけば、幕内では史上初となります。偉業(!?)達成なるか、見守りましょう。

f:id:baribon25:20220118025146j:plain

34歳の佐田の海は11日目、新入幕の東前頭15枚目・28歳の若元春との対戦となります。若元春もここまで5勝4敗です。初顔合わせはどんな結果になるでしょうか。画像は相撲協会のホームページからお借りしました。

 

500円玉新硬貨。

 新型コロナウイルスの新規感染者数は一向に減る気配がないですねえ。日曜日の今日(1/16)は東京で4172人で3日続けて4000人超え。全国では2万5628人と、前日(2万5742人)に続いて過去最多だった去年8月20日2万5990人に迫る勢いです。そんなわけでワタシは今日も近くに買い物に出ただけで、あとはおとなしくしていました。

 その買い物の2軒目は近所の精肉店。そう、何度か書いた、総菜がうまい、現金払いの店です。今日も大好きなポテトサラダが売り切れでガッカリしましたが、行った時間が遅かったのであきらめざるをえません。代わりにマカロニサラダをセレクトし、ほかに鶏のから揚げ、メンチカツ、コロッケを購入。トータルで約1200円だったので、ワタシは1000円札を2枚出して、お釣りをもらいます。その硬貨に目をやると、500円玉がなにやら見慣れない感じ。もしやこれは……と期待が高まります。

 あらためて見ると、やはり、新硬貨でした。ワタシにとっては初です。まさか、といっては失礼ですが、今日、この店で手に入るとは思っていませんでした。新硬貨が発行されたのは去年11月といいますから、もうそれなりに流通しているんですかね。

 とはいえ、冷静に考えると近いうち新硬貨だらけになるわけですから、ワクワク気分も今だけ。旧硬貨のほうが珍しくなる日は必ずやってきます。それでもまあ、もうしばらくは新硬貨を手にするたび、ワタシのテンションは上がりそうです。

f:id:baribon25:20220117025943j:plain

真ん中が新硬貨です。左の旧硬貨と比べると、違いは一目瞭然ですね。そして右は平成二十九年の硬貨。これ、なぜか色がシルバーじゃなく、どちらかというとゴールドで、10円玉に近い色をしています。ワタシは500円玉硬貨を貯めていて、現在160枚を超えているのですが、先日数えたときにこの1枚だけが目立っていました。