散髪は年1回。

雑記です。

野球消滅!?

 まずは前日の報告から。無事(?)、2月22日2時22分22秒に更新できていました。 

https://baribon25.hatenablog.com/entry/2019/02/22/022222

 とりえあず、気分がいいですね(⌒∇⌒)

 さて。今朝、自宅で新聞受けからスポーツ紙を取り出し、1面を見たら「野球 また消滅」との見出しが躍っていました。その横には「五輪にブレークダンス」とあります。一瞬、??? と思いましたが、記事を読んでわかりました。東京の次に開催される夏季オリンピック、2024年パリ大会で野球・ソフトボールと空手が除外され、代わりになんとブレークダンスが入ることがほぼ決まったようです。

 ブレークダンスが選ばれたことはビックリです。ただ、野球が外れることにオドロキはありませんでした。現在50代のワタシは、子どものころから野球が大好きなスポーツですが、以前からオリンピックには向いていないと思っていたからです。

 夏季オリンピックで野球が正式競技になったのは、1992年バルセロナ大会から2008年北京大会までの5大会。各大会とも、出場はわずか8チームです(2020年東京大会はたった6チーム!)。世界的に見て、野球が盛んといえるのは北中米と東アジア、オセアニアぐらいで、とてもワールドワイドなスポーツとは言えません。さらに、2000年シドニー大会からプロ選手の参加が可能になったものの、アメリカのメジャーリーガーが参加することは一度もありませんでした。

 ハード面でも、開催都市にはかなりの負担がかかります。野球のためにスタジアムを建設しないといけないし、その整備や維持のためのコストもバカになりません。

 なにより、参加国が10にも満たず、10日余りで決着をつけるシステムはムリがありますよ。やはり、野球というスポーツは長いシーズンを戦ってこそ、です。パリ大会の次は2028年、アメリカ・ロサンゼルス大会となりますが、“開催都市特権”で野球を追加種目に入れてほしくないですね。

 このままでは野球離れが一層進む、という意見があるのは承知しています。実際、そのとおりでしょう。普及活動の必要は感じます。それでも、ワタシはオリンピックで野球を見たいとは思いません。悪しからず。

f:id:baribon25:20190223021257j:plain

2月22日の日刊スポーツ1面です。オリンピックから野球が“落選”したことに熱くなっているかと思いきや、割と冷静な紙面でした。

 

2月22日!

 日付変わって2月22日。2が3つ並びます。いわゆる「ゾロ目」です。もともとは2つのサイコロを振って、同じ目が出ることを「ゾロ目」と呼んだことが始まりのようですが、3ケタ、4ケタ、もしくはそれ以上の数字がそろうこともそう呼びますね。

 同じ数字が3つ並ぶ日は2月22日以外に1月11日、11月1日、11月11日だけです。以前、11月11日の記念日を調べたことがありましたが(こちら)、2月22日にはどんな記念日があるのでしょうか。また日本記念日協会のホームページをのぞいてみました。2月22日の記念日は、次のとおりです。

[記念日協会認定記念日]
デニャーズの日
にゃんまるの日
折箱の日
カニカマの日 <6月を除く毎月22日>
スニーカーの日
ふふふの日
ハイドロ銀チタン®の日
EXILE THE SECOND DAY
温泉マークの日
からだのレシピシリーズ・生酵素の日
乃木坂46の日
忍者の日
猫背改善の日
ディズニー マリーの日
ラブラブサンドの日
デルちゃん誕生の日
ひざイキイキの日
駅すぱあとの日
禁煙の日
行政書士記念日
おでんの日
ヘッドホンの日

[その他の記念日]
猫の日

 上記のうち、2が3つ並ぶゾロ目に由来する、と一目でわかるのは「ふふふの日」ぐらいですね。猫の日もまあ、「にゃんにゃんにゃん」からきているのだろうな、と予測されるので納得ですが、あとは説明を聞いて(見て)ようやく理解できるものばかりでした。もっとわかりやすい記念日があると思っていたんですけど、“2”は当てはめにくいんですかね。

 などと書いているうちに、深夜2時15分を回りました。ここまできたら、あと少し待って、2時22分22秒の更新を目指します。果たして、うまくいくでしょうか!?

f:id:baribon25:20190222021933j:plain

来年は2020年で新元号も2年、さらに3年後は2022年ということで、2月22日はえらいことになりそうです(ワタシだけか!?)。秒まで表示されるデジタル時計があったら、両年とも2月22日は、22時22分22秒の瞬間を写真に撮りたいところですね。もちろん、そのときは日付を入れることを忘れずに!

 

「たいむとんねる」平成スポーツ名場面。

 本日(2/20)の帰宅、深夜0時40分過ぎ。もろもろノルマをこなして、いま、2月18日(月)に録画していた「石橋貴明のたいむとんねる」のビデオを見終えたところです。

 今回は「平成のスポーツ名場面ベスト10」の前半戦。いやあ~よかったです。楽しめました。石橋が独断と偏見で平成30年の中からスポーツの名場面を選んでいたのですが、ワタシはおおむね納得できるものでした。

 第15位 オグリキャップ 有馬記念ラストラン/平成2(1990年)
 第14位 マイケル・ジョーダン 奇跡のラストショット/平成10(1998)年
 第13位 長野五輪ラージヒル団体 涙の金メダル/平成10(1998)年
 第12位 錦織圭 全米オープン準優勝/平成26(2014)年 
 第11位 大坂なおみ 全米オープン優勝/平成30(2018)年
 第10位 イチロー 200本安打達成/平成6(1994年)
 第9位 マイク・タイソン 東京ドームで衝撃の初黒星/平成2(1990)年
 第8位 アイルトン・セナ モナコで奇跡の大逆転/平成5(1993)年
 第7位 ウサイン・ボルト 人類最速の瞬間/平成20(2008)年

 番組はかなりの盛り上がりを見せたようで、第6位から第1位は次週となりました。1回で終わるのはもったいないなと思っていたので、後半戦があるのはうれしいですね。来週の放送が楽しみです。

 ゲストの伊集院光もグッドでした。登場してすぐ、「俺が個人的に(「たいむとんねる」を)見てて“神回”は江夏さんの回」とコメント。ワタシも江夏豊がゲストで出た回は、去年見たテレビ番組でNo.1の面白さで、ここでもふれています(こちら)。思わず「伊集院、わかってんじゃん!」と快哉を叫んでしまいました。ワタシもこの番組の収録に参加したかったです('◇')ゞ

f:id:baribon25:20190221025506j:plain

テレビ画面から撮影しました。石橋が選ぶ残りの6つはなんでしょうね。ワタシは野茂英雄が必ず入ってくると思います。

 

2月20日生まれの著名人。

 このところ誕生日ネタが多い気がしますが、今回もそれでいきます。日付変わって今日は2月20日。この日生まれの著名人には、ワタシにとって“超大物”が3人います。

長嶋茂雄
アントニオ猪木
志村けん

 ワタシの知り合いに2月20日が誕生日のヤツがいて、もう20年以上前に、彼からこの日生まれの著名人を教えてもらいました。それがこの3人だったのです。

 全員、ワタシが“ハマった”人たちばかり。ある意味、2月20日は誕生日として最強ではないかと思えるほどです。さらに、いまネットで調べてみたら、2月20日生まれにはこの3人以外にも錚々たるメンバーがいました。ワタシの独断と偏見で、ほんの少しだけ抜き出してみます(生年は省きました)。

志賀直哉(小説家)
石川啄木歌人・詩人)
・サム・ライス(メジャーリーガー)
左卜全(俳優)
水の江瀧子(俳優)
ロバート・アルトマン(映画監督)
栃錦清隆(大相撲第44代横綱
浅香光代剣劇女優)
山藤章二イラストレーター)
小山ゆう(漫画家)
ばんばひろふみ(フォークシンガー)
美内すずえ(漫画家)
四方田犬彦比較文学者、映画史家)
モロ師岡(俳優)
チャールズ・バークレー(バスケットボール選手)
森田剛(V6)
ジャスティン・バーランダー(メジャーリーガー)
橋本奈々未(元乃木坂46
藤田ニコル(ファッションモデル、タレント) ………etc.

 なかなか濃い顔ぶれです。ほかにも個性的な人がゴロゴロいました。ワタシが毎日読んでいる日刊スポーツ芸能面の欄外には、その日が誕生日の著名人が厳選されて掲載されているので、必ず目を通します。いまのところ、そのラインナップで2月20日を超える日はないですね。

f:id:baribon25:20190220011919j:plain

今日で長嶋茂雄83歳、アントニオ猪木76歳、志村けん69歳。3人とも、まだまだ存在感たっぷりです。

 

「新・平成の伊能忠敬」の達成者が身近に!

 これまで何度か書いてきたとおり(前日と同じ書き出しだ!)、ワタシは「新・平成の伊能忠敬~歩いてつくろう日本地図!~」という万歩計を毎日持ち歩いています。繰り返しになりますが、これは“バーチャルに海岸沿いを歩いて日本一周をすると日本地図が完成する万歩計”です。ワタシは2013年12月にスタートして、現在、地図は73パーセントまできました。残り23パーセント。説明書には“日本地図が完成するとステキなエンディングが待っています”とあるので、来年中の完成を目指して歩いています。

 今日(2/18)、ランチタイム後の一服を終え、職場に戻ろうと廊下を歩いていたときのことです。ワタシはズボンの左ポケットから“新・平成の伊能忠敬”を取り出し、ここまで何歩歩いたかを確認しながら歩いていました。すると前方から、「歩きスマホはダメですよ~」と声がかかりました。見ると、同じ職場の女性が笑いながら歩いてきました。ワタシより少しだけ若い彼女は、ワタシがスマホを見ていると映ったようです。

 いや、スマホじゃないんだよ、と言って、万歩計を見せたら、彼女は「もしかして、伊能忠敬ですか?」と聞いてきました。ビックリしました。そう、と答えて、なんでわかったの? と聞いたら、「昔、やってたんですよ」との返答。ご両親の健康のために買ったものの、結局自分で使うことになった、ということのようです。続けて彼女は「もう何回もゴールしましたよ」と言ってきました。なんとなんと。二度目のビックリです。

 複数回ゴール(=地図を完成)させたということは、それに相当する距離の分を歩いたというわけですから、見かけによらずやるなあ、と感心してしまいました。すると彼女は「実は早く完成させたくて、歩幅を1メートルに設定してたんですけどね」と言ってきました。わお。彼女は小柄なので、歩幅が1メールのわけがありません(ワタシは70センチの設定)。とはいえ設定は個人の自由ですから、マジメにツッコむのはやめときました。

 少し迷った末、彼女に、ところでエンディングはどんな感じだったの? と聞いてみました。ドキドキして答えを待ったら、「そういえば一度も見てなかったですね。いつのまにかまた(日本一周が)始まってました」ですと。なんだよそれ、と思いつつ、ホッとしました。やっぱり、エンディングは自分で確かめないと。彼女がアバウトな人で助かりました( ̄▽ ̄)

f:id:baribon25:20190219023121j:plain

本日の歩数、1万5855歩。最近2週間では5番目に多い歩数でした。

 

本がたまる一方です。

 これまで何度か書いてきたとおり、ワタシは本大好き人間です。家にはかなりの数の本があります。自分は活字世代だな、とつくづく思います。本は、新刊書店や古本屋で買うのはもちろん、たまにはネットで買うこともあります。さらに、図書館のリサイクルコーナーからもよく持ってくるし、ゴミ収集所に捨ててある雑誌や本を持ち帰ることも(!)あります。

 そんなわけで、我が家は本がたまる一方です。数えたことはありませんが、雑誌も入れると、1万冊ぐらいになるかもしれません。さすがにこれはヤバいということで、徐々に整理して、少しずつ捨てるようにしています。が、また最近、本が一気に増えてしまいました。

 先日、オフクロの“50日祭”のために実家に戻ったときのことです。オヤジから家の整理を頼まれ、いわゆる“断捨離”をすることになりました。そこで困ったのが、ワタシの大量の本とレコード(CDではありません)です。雑誌を含めて、すさまじい数の書籍がワタシの部屋があった2階の本棚にそのまま並んでおり、物置には『週刊ベースボール』などの野球関連雑誌、『ボクシングマガジン』『Number』などのスポーツ誌段ボール箱に入って、何箱も置かれていました。

 オヤジはできるだけモノを減らしたいというので、ある程度、その場で取捨選択して、取っておきたい本は持って帰ることにしました(レコードはどうするか、思案中です)。持って帰った本の中には、たぶん今後、読むことはないだろうというものもいくつか含まれています。それでも、ワタシは捨てるには忍びない、と思ってしまうんですねえ。どう考えても、ワタシは“ミニマリスト”にはなれそうもありません。

 当然ながら、自宅にある本はほとんどが山積み状態です。ワタシの今後の目標のひとつが、「自宅にある本をすべてタテに並べる」こと。近い将来、ぜひ実現したいですね!

f:id:baribon25:20190218024956j:plain

今回、実家から引きあげてきた本の一部、“松田聖子本”です。一番右の「ペンギンズ・メモリー 幸福物語」は本ではなく、「MEMO BOOK」です(なんと未開封)。何かの付録だった気がしますが、それが何かは思い出せません。ちなみに、残る3冊はすべて初版本でした(これって価値がありますかね!?)。ワタシは松田聖子が大好きで、ファンクラブにも入っていました。ただし、レコードを全部買ったり、コンサートに行ったりと熱かったのは、神田正輝との結婚前まで。それ以降は急激に冷めていったのを覚えています。

 

平成生まれのスター。

 ただいま4時20分過ぎ。今日(2/16)は酒を飲んだわけでもないのに、日付が変わってしばらくしたら自分の意志とは裏腹に、いつのまにか寝ていました。ハッとして起きたらこの時間だったというわけです。

 そんなわけで今回も短めで。今日の朝日新聞朝刊の別刷りbe、「beランキング」は、“平成生まれのスター”でした。平成がまもなく終わるとあって、このテのテーマは今後、各メディアでとりあげられていくでしょうね。

 朝日新聞読者によるランキングの1位はメジャーリーガーの大谷翔平、2位はフィギュアスケート羽生結弦でした。2人はともに平成6年、西暦では1994年生まれ。巷ではこの世代を“羽生世代”と呼ぶことが多いようですが、ワタシは以前から“大谷世代”だと思っていた(こちら)ので、この結果は妥当だと思います。

 紙面には、〈昭和に活躍した美空ひばりなどと比べて、「平成のスターにはオーラを感じない」〉という読者のコメントが載っていました。お年を召された方かと思ったら、ワタシより少し若い52歳の男性だったので、オドロキです。いろいろな意見があるのは当然ですね。

 5時を回ってしまいました。おやすみなさい。

f:id:baribon25:20190217050102j:plain

ランキングで大谷、羽生に続くのは、3位・藤井聡太(将棋)、4位・錦織圭(テニス)、5位・浅田真央フィギュアスケート)&内村航平(体操)、7位・大坂なおみ、8位・髙梨沙羅(スキージャンプ)、9位・池江璃花子(競泳)、10位・紀平梨花フィギュアスケート)、以下、井山裕太囲碁)、有村架純(俳優)、桐生祥秀(陸上)、松山英樹(ゴルフ)、石川遼(ゴルフ)、石川佳純(卓球)、芦田愛菜(俳優)、高畑充希(俳優)、白井健三(体操)、広瀬すず(俳優)の順でした。芸能界からトップ10にひとりも入っていないのがなんとなく、淋しい気がします。