散髪は年1回。

雑記です。

貴景勝、再出場するそうで。

 大相撲五月場所は今日(5/18)が7日目。関脇・栃ノ心横綱鶴竜はそれぞれ琴奨菊千代大龍を下して、ともに全勝をキープしました。ワタシはテレビで観戦していましたが、2人とも豪快で万全の相撲でしたね。今場所10勝以上を挙げれば大関に返り咲くことができる栃ノ心は、これで“マジック3”。残り8日で3勝はまず間違いないでしょう。それどころか、2日目前にも書いたとおり、去年一月場所以来、2度目の賜杯を手にする可能性も大いにありそうです。

 もう一人の全勝、鶴竜には余裕を感じます。取組後、大好きなNBAの話はもちろん、最近はWBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)の準決勝に出場する井上尚弥についても饒舌に語っているようで。去年五月場所以来、1年ぶり6回目の優勝といくでしょうか。

 そしてなんと。5日目から休場していた新大関貴景勝が8日目から再出場することになったようです。4日目の御嶽海との一番で右ひざを負傷してから中3日。日刊スポーツのサイトを見ると、「高気圧酸素カプセルや注射、トレーナーらの施術により、痛みも腫れもなく、半月板の損傷もない」ようですが、大丈夫なんですかねえ。無理して相撲人生を縮めることにならないといいんですが。8日目は東小結の碧山との対戦が組まれました。碧山は今場所ここまで1勝6敗、過去の対戦成績は貴景勝の3勝0敗です。貴景勝は突き、押しの自分の相撲がとれるかどうか。再出場の決断が間違ってなかったことを祈るのみですね。

f:id:baribon25:20190519041236j:plain

大関の再出場は、1951(昭和26)年一月場所の汐ノ海以来68年ぶりで戦後2度目、横綱を含めても、貴景勝の前師匠にあたる貴乃花が引退した2003(平成15)年一場所以来、16年ぶりとなるようです。写真は朝日新聞夕刊から撮影しました。

 

1並びの男。

 今日(5/17)の朝日新聞夕刊に、ワタシ好みのコラムが載っていました。それは、スポーツのあるシーンに焦点を当てる毎週金曜日の連載「FOCUS」です。

 今回のタイトルは、「1並びの男、令和1号ゴール サッカーJ2金沢MF・杉浦恭平」。“令和のJリーグ初ゴール”というくくりで見ると、どうしてもJ1のほうに目がいきがちです。しかし、令和のJリーグ初ゴールは、横浜F・マリノスのFW仲川輝人が挙げたJ1初ゴールよりも、杉浦のJ2初ゴールのほうが13分早かったんですね。

 記事を読んでうなったのが、タイトルにもある“1並び”です。杉浦は、平成元年1月11日生まれで、今の背番号は「11」。杉浦が令和1号ゴールを挙げたゲームのスコアは1−1と、見事に1が並びます。記者が書いた原稿には、偶然は重なるのか、との記述が見られますが、確かにここまでくると、少しコワくなりますね。ワタシが杉浦なら、お祓いを検討するかもしれません。

 テレビやスポーツ紙が仲川をメインに扱う中、杉浦にスポットを当て、彼が“1並びの男”であることを見つけて書かれた今回の記事は、ワタシの心をとらえました。またこのテの記事が載ることを期待して、今週は疲れているのでもう寝ます。

f:id:baribon25:20190518020319j:plain

“1並びの男”杉浦についていろいろネットでチェックしていたら、以前杉浦が所属していた川崎フロンターレのホームページに、「杉浦恭平選手入籍のお知らせ」として、「杉浦恭平選手が、1月11日(水)に、佐々木杏奈さんと入籍致しましたので、お知らせ致します。」と出ていました。1月11日とはさすがです。ただし、入籍した年は2012年。なんで1年前の2011年にしなかったかな~と少し残念に思いましたが、よく考えると、2012年1月は、年度で言ったら2011年度。そうした計算が杉浦にあったのかどうか。できれば夕刊の記事内でふれてほしかったですね。

 

新大関・貴景勝、休場。

 大相撲五月場所は今日(5/16)が5日目。新大関貴景勝がケガのため休場することになりました。4日目、西小結・御嶽海との一番で負傷した右ひざ内側は予想以上に重傷だったようです。貴景勝本人は出たがっていた、という記事も読みましたが、無理に出場してさらに悪化させては元も子もありませんからね。ここはじっくりと休んで七月場所に備えてほしいところです。

 新大関の休場は、現行のカド番制度になった1969(昭和44)年七月場所以降、今回の貴景勝で8人目。過去の7人は次のとおりです。

 力士名    場所      成績    翌場所成績   
 前の山   1970年九月    全休     9勝6敗
 大受    1973年九月  2勝6敗7休   9勝6敗
 増位山   1980年三月  3勝5敗7休   8勝7敗
 曙     1992年七月    全休     9勝6敗
 千代大海  1999年三月  3勝8敗4休    全休
 武双山   2000年五月    全休     4勝11敗
 栃ノ心   2018年七月  5勝2敗8休   9勝6敗

 このうち、翌場所も負け越して陥落したのは武双山だけ。ただし、その翌場所に関脇で10勝を挙げて大関に復帰しています。1999年の千代大海は、休場した翌場所も全休していますが、当時は公傷制度があったため、陥落しませんでした。なお、上記7人のうち、後に横綱に昇進したのは曙一人。現役の栃ノ心貴景勝には2人目、3人目になる可能性が残されています。

 それにしても、個人的に現行のカド番制度は甘いと思いますね。2場所連続で負け越さなければ、大関の座にとどまることができるんですから。つまり、2場所に1回、8勝7敗と勝ち越せばいいということ。極論すれば、年間24勝でも大関の地位を守れるわけです。こんなんで大関を名乗っていいんですかねえ。

 さらに、関脇に陥落しても、その場所で10勝以上を挙げれば特例で大関に返り咲くことができるシステムもあります。今場所、栃ノ心はそのシステムでの返り咲きを目指しています。栃ノ心は今年一月場所で0勝5敗10休のあと、三月場所で7勝8敗と負け越し、今場所は関脇に陥落しました。調整不足の声も何のその、栃ノ心はここまで5連勝と絶好調です。今日の東前頭筆頭・北勝富士との一番、ワタシは職場のテレビで見ましたが、力強い、いい相撲でした。

 大関復帰まで、残り5勝。この感じだと、三重ノ海貴ノ浪武双山栃東(2回)に続く5人目(6回目)の返り咲きはもちろん、去年一月場所以来、2度目の賜杯を手にすることも夢ではなさそうです。優勝しての大関返り咲きとなれば、もちろん初のケース。データ好き、記録好きのワタシとしては、ぜひそうなることを願うしかありませんね☆

f:id:baribon25:20190517031243j:plain

今場所は新入幕の西前頭14枚目・炎鵬にも熱い視線が注がれています。身長168センチ、体重99キロと、十両以上の関取で最も小兵なのにもかかわらず、巨漢力士を相手に連日の業師ぶりを発揮して、ここまで4勝1敗。キリっとした顔と機敏な動きで、また“スー女”を増やしそうな気配です。

 

運動神経の衰えか……!?

 今日(5/15)の出勤時、醜態をさらしてしまいました。まあ、誰かに見られたわけではないのですが、しばらく落ち込みました。

 ワタシの職場がある最寄駅の駅前には、いわゆる仕切りのチェーンが概算で約40メートルにわたって並んでいるところがあります。職場に向かうには、そのチェーンをどこかで越えるとほんの少しですが近道となります。車はほとんど通らないので、ワタシは毎回、歩いてチェーンを越えて出勤しています。ワタシ以外にも、チェーンを越えていく人は大勢います。

 何日か前のことです。歩いていたワタシを抜いていった若者(おそらく20代・♂)が、走ってポーンと仕切りのチェーンを飛び越えていく光景を目撃しました。彼はただ急いでいただけだと思いますが、飛び越えるその姿が見るからにシャープでカッコよく、ワタシもやってみたくなってしまいました。

 そして今日。天気もよかったので実行に移すことにしました。といっても、駅前の仕切りチェーン周辺は人通りが激しいのでパス。実は職場に近いところにも仕切りチェーンが並ぶところがあり、そこはあまり人が通らないので、こっちでやることにしました。人がいないのを確認し、左肩からクロスでかけていたバッグを右手で抱え、チャレンジ開始です。よし、と小走りで加速してジャンプ!……したのですが、なんと、越えることができませんでした。足が引っかかって、ぶざまに転倒してしまったのです。

 自分では完全に越えたつもりでいたのに、まさか引っかかるとは。ガックリきました。なさけなくなりました。今にして思えば、人がいないところで、と考えたあたり、飛び越える自信がなかったのかもしれません。立ち上がって再び歩き出し、ふと浮かんできたのが、邦画の名作『幸福の黄色いハンカチ』の一場面。冒頭で、ナンパしようとしていた武田鉄矢が仕切りチェーンに足を引っ掛けてコケるシーン(聞くところによると、何十回もテイクを重ねたそうです)が出てくるのです。今日のワタシはまさにあんな感じでした。認めたくないのですが、歳を重ねるとともに、運動神経が衰えてきていることを自覚する必要がありますね。

 このところ、深夜のランニングをさぼり気味なのも影響している気がします。ムリしない範囲でペースを上げて、肉体改造後、仕切りチェーン越えに再チャレンジします!

f:id:baribon25:20190516033623j:plain

足を引っかけた場所の少し先にある仕切りチェーンです。そんなに高さはないので、楽勝だと思っていました。甘かったです。

 

リバプール、シーズン1敗でも優勝できず。

 スポーツのさまざまなデータや記録が好きなワタシにとって、最近興味を引いたのが、サッカー・イングランド・プレミアリーグの優勝に関する記事でした。プレミアリーグの2018-19シーズンは5月12日で全日程が終了。マンチェスターティー(以下マンC)が連覇を果たしました。勝ち点は歴代2位となる98(歴代1位は昨季のマンCの100)。にもかかわらず、優勝決定は最終節までもつれることになりました。というのも、2位のリバプールが猛追したからです。

 両チームの今季の成績は次のとおりです。

  チーム       勝ち点 勝 分 敗 得点 失点 得失点差 
マンチェスターティー  98  32 2 4  95  23  +72
リバプール        97  30 7 1  89  22  +67

 首位マンCは勝ち点98、2位リバプールは同97。リバプールはシーズンを通してわずか1敗(マンCは4敗)しかしていないのに、優勝できませんでした。各種報道によると、リバプールが今季挙げた勝ち点97は歴代3位。勝ち点90台で優勝できなかったのは史上初のようです。「リーグ史上最高の2位」の称号は決して喜べませんね。

 両者を分けたのは、引き分けの数です。マンCは2、リバプールは7。日本プロ野球のように、引き分けを除いて勝率で優勝を決めるなら、マンCは8割8分9厘(32勝4敗)、一方のリバプールは9割6分8厘(30勝1敗)なので、リバプールの圧勝となります。とはいえ、勝率で決めるシステムだと、(プレミリーグの38試合を例にとれば)37勝1敗のチームでなく、1勝37分けのチームが優勝することになってしまうので、本末転倒です。サッカーはゲームの性質上、引き分けがつきものですが、やはり勝たないといかんということですね。

 その意味で、今季のマンCはリバプールを勝利数で上回ったので、優勝にふさわしいといっていいでしょう(ちなみに、調べたらリバプールの今季リーグ戦唯一の敗戦はマンCに喫したものでした)。なお、サッカーには引き分けがつきものと書きましたが、本来、野球には引き分けは存在しません。近々、「ボールゲームと引き分け」をテーマに書きたいと思います。

f:id:baribon25:20190515012348j:plain

リバプールは1892年創設。イングランドトップリーグでは過去18回の優勝を誇るものの、1992年のプレミアリーグ発足後は優勝がありません。前述のように今季も優勝を逃しましたが、リバプールは欧州のクラブチームNo.1を決めるチャンピオンズリーグの決勝進出を決めています。バルセロナ(スペイン)との準決勝は、アウェーでの初戦に0−3と完敗しながら、ホームでの第2戦に4−0と圧勝。2試合合計スコア4−3の大逆転で、世界中を驚かせました。一発勝負の決勝は、スペイン・マドリードエスタディオ・メトロポリターノで、同じプレミアリーグトットナム(今季リーグ4位)と対戦します。キックオフは日本時間6月1日の深夜4時(=6月2日午前4時)。リバプールは昨季、レアルマドリードに1−3で敗れて準優勝に終わっているので、その借りを返したいところですね。

 

人生いろいろ。

 先の10連休、ワタシは1週間ほど実家に帰っていました。家族はそれぞれ予定があったので、ワタシひとりで帰りました。昨年末にオフクロが亡くなり、実家は今、オヤジがひとり暮らし。もう5ヶ月近く経っているので、だいぶ慣れたとは思いますが、息子としては心配です。まあ、今のところオヤジは健康に問題はないので、あくせくすることなく、過ごしました。

 さすがに1週間ずっとオヤジと一緒(うち3日は兄弟とも一緒)というのもお互いしんどいので、何日かは日中、別行動にしました。といっても、特に予定があるわけではありません。ワタシは高校卒業後に実家を離れたので、もうすでに30年以上が経ちます。その間、しょっちゅう帰省していたわけではないので、昔の知り合いとはすっかり縁遠くなっていました。それが、連休中のある日、ひとりで駅前に出て、書店やおみやげ売り場などを見てブラブラしていたときのこと。「もしかして○○?」と声をかけられました。「○○」がなんと、ワタシの中学時代のあだ名だったのでビックリです。見たら、思い出すのに多少時間がかかったものの、中学時代の同級生、Sでした。

 実に30何年かぶりの再会です。当然ながらワタシと同い年、50代半ばの彼は、頭髪がかなり後退していましたが、当時の面影がありました。今は家族と駅前に出てきて、たまたま別行動中、とのこと。こんなことってあるんですねえ。連休中に飲もう、ということにして、連絡先を教えてこのときは別れました。

 そして2日後。駅前の待ち合わせ場所に向かいました。Sはもう一人、懐かしいヤツを連れてきました。中学時代の同級生T、彼と会うのも同じく30何年かぶりです。挨拶もそこそこに、3人で居酒屋に入りました。SもTも、ワタシと高校は別だったので、その後どうしていたのかはわかりませんでしたが、2人とも地元に根を下ろしていたんですね。中学時代のエピソードをメインに、話が尽きることはありませんでした。それぞれの近況報告では、Sにはなんともう孫が2人いる、と聞いてまたビックリです。孫はかわいくてしょうがない、と繰り返していました。ワタシの子どもは2人ともまだ未成年なので、ワタシがおじいちゃんになるには、2人にいい縁がないと始まりませんね。

 一方のTは、独身でした。結婚したいと思った時期もあったけど、もう今はしなくていい、諦めている、とのこと。でも、そんなに悲壮感が漂っているわけでもなく、達観している感じでした。そう、本人の人生ですからね。周りがとやかく言っても始まりません。TにはTの考えがあるんでしょう。

 同い年で、ひとりは孫がいて、ひとりは独身。さらに、同級生で亡くなったヤツ、行方不明になっているヤツがいることを聞きました。まさに人それぞれ、人生いろいろ。それを実感する夜となりました。

 そろそろお開きにして、タクシーで帰るか、と思っていたら、Sが娘さんを呼び出してくれ、彼女の運転でワタシの実家まで送ってもらうことになりました。申しわけないと思いつつ、甘えさせてもらいました。いい気分で帰宅すると、オヤジはもう寝ていました。これから先、頻繁に帰省するかな、という気になっています。

f:id:baribon25:20190514023922j:plain

10連休中の今年4月30日午後11時59分59秒、つまり平成最後の瞬間をスマホの時計画面で撮影しました。24時間表記でないのが残念です。

 

母の日、大相撲五月場所開幕。

 今日(5/12)は母の日でした。ワタシも去年までは毎年、オフクロになにかしらおくっていたのですが、年末に亡くなったので今年は当然ながらおくっていません。オフクロが亡くなって、もうすぐ5ヶ月。まだ切なさはあります。そのうち癒えてくるといいんですけどね。

 さて。令和初となる大相撲の本場所、五月場所が今日初日を迎えました。平成最後の本場所となった三月場所を全勝で制した横綱白鵬は休場。本命不在の中、誰が優勝するのでしょうか。まだ公式発表はないものの、今場所は千秋楽にアメリカのトランプ大統領の観戦が有力視されています。優勝した力士は土俵上で表彰されることになるわけで、なかなか貴重な体験になりそうです。

 その初日。新大関貴景勝は、東前頭2枚目の遠藤を全く寄せ付けず、押し出しで完勝しました。ワタシもテレビで見ていましたが、貴景勝は取組直前に鼻血を出して、しばらく止まりませんでした。やはり新大関の初日ということでアドレナリンが出まくったんですかね。それでもまあ、自慢の突き・押しは健在。このまま突っ走り、昭和以降では2006年五月場所の白鵬以来、7人目となる新大関場所での優勝、といくでしょうか。2日目は元大関で西前頭筆頭の琴奨菊と対戦。過去の対戦成績は2勝2敗です。

 それにしても、貴景勝の今日の対戦相手の遠藤には、もう少し意地を見せてほしかったですね。遠藤はことし一月場所千秋楽(ワタシは国技館に見に行ってました)でも、優勝争いのトップを走る玉鷲と対戦し、見せ場をつくることなく、あっさりと負けていました。男前で相撲人気を支えたのは認めるところですが、第一子長男のひ弱さを感じでしまいます。

 もう一人、記録的に気になる力士・関脇に陥落した栃ノ心も、東前頭3枚目の千代大龍を押し出しで下し、白星発進しました。栃ノ心は今場所10勝以上で大関復帰となります(個人的にこのシステムは甘いと思ってます)。過去、転落直後の場所で10勝以上を挙げて大関に特例復帰した力士は、三重ノ海貴ノ浪武双山栃東(2回)の4人(5回)。5人目(6回目)になれるかどうか、注目しましょう。

f:id:baribon25:20190513035352j:plain

今日の日刊スポーツの9面には、新大関の優勝力士が出ていました。昭和以降、新大関の優勝力士は双葉山、千代ノ山、若羽黒、清国、栃東白鵬の6人。ただし、この6人中、最終的に横綱となったのは、双葉山、千代ノ山、白鵬の3人だけでした。つまり、新大関で優勝したからといって、確実に横綱になれるとはかぎらないわけです。もし今場所、貴景勝が優勝したとしたら、どちらになるでしょうか?