散髪は年1回。

雑記です。

7日連続の猛暑日で7月がスタート。

 書き始め、深夜3時半過ぎ。帰宅後、横になっていたらいつのまにか寝てしまっていました。今週は暑すぎたので疲れましたね。7月初日の今日も日本列島は朝から厳しい暑さに見舞われ、東京は午前11時半に今年最高の37.0度を記録。これで猛暑日は7日連続です。ここまで続くと、もうあきらめモードになっちゃいますね。

 気象庁によると、当初〝危険な暑さ〟のピークは7月1日まででしたが、最新の予報では週末ごろまで長引くとみられる、とのこと。つまり2日(土)と3日(日)も、猛暑日となる可能性が高いわけです。ふう。でもまあ、ここまでくると、とことんいってほしいと思う自分もいます。ワタシは過去に体験した最高気温が39度台なので、どうせなら気温40度がどんなものなのか、一度は経験してみたい。そう、一度だけならアリです。

 こうした暑さのせい、かどうかは分かりませんが、今朝、出勤の電車に乗ったら、優先席の床がえらく散らかっているのが目に入りました。その一帯だけ人が座っていません。見たら、どうやら落花生を食べたあとの残骸のようでした。食べてる最中に落ちてしまったのか、途中からもう気にしなくなったか、それともわざと散らかしたのか、理由はわかりません。このあと座る人のことは考えなかったんでしょうね。ワタシはスマホでなんとか1枚だけ撮影して隣の車両に移動。その席には誰も座らなかったと思われます。

さすがにシートには散らかっていませんでした。いつまでこの状態が続いたんでしょうか。

 

 久しぶりにロッテ・佐々木朗希にもふれておきます。本拠地ZOZOマリンスタジアムでの楽天戦に先発した佐々木朗希は圧巻のピッチングを披露。ワタシはネットで追っていたのですが、またとてつもない奪三振記録をつくるかも、とワクワクしていました。

[1回]空振逃 空三振 空三振 見三振
[2回]右安打 四球  一ゴロ 一ゴロ 空三振
[3回]見三振 見三振 見三振  
[4回]空三振 空三振 四球  右安打 右飛

 初回、振り逃げを含む4者連続三振。1イニング4奪三振は2020年9月4日のライデル・マルティネス(中日)以来2年ぶり史上27度目(26人目)で、1回に記録したのは2016年八木亮祐(ヤクルト)、2018年千賀滉大(ソフトバンク)以来3人目でした。

 その後も2回から4回にかけて6者連続三振。4回までのアウト12個のうち、実に10個が三振です。日本プロ野球1試合の奪三振記録は1995年野田浩司オリックス)と佐々木朗希自身が今年4月、完全試合を達成したときの「19」なので、更新の可能性が高まります。単純計算で9回完投なら22個を超えますからね。

 しかし、佐々木朗希は4回で降板。どんなアクシデントがあったのか。すぐには情報が入ってこなかったので、心配になりました。しばらくして「右手中指のマメがつぶれていた」ことが判明。どうやら症状は重くないようですが、プロなんだからマメの管理はしっかりやっとけよ、と言いたくなります。まあ昭和の野球オジサンの戯言ということで。

 復帰後、佐々木朗希はこちらの予想を超えるピッチングを見せてくれるはず。それは間違いない、と言っておきます。

 

6日連続の猛暑日で6月が終了。

 またパソコンの動きが鈍くて何度も再起動するハメになり、書き始めが遅れてしまいました。連日の猛暑日ネタでさっさといきます。やはりふれないわけにはいきませんからね。

 6月最後の日となった今日(6/30)、東京は午後0時43分に気温36.4度を観測。都心で今月26日に観測された36.2度を上回り、6月の最高気温の記録を更新しました。スポーツのデータ&記録好きとしては、〝記録更新〟と聞くとワクワクするんですけど、このテの項目はさすがにちょっと勘弁願いたいですね。

 これで東京の猛暑日は6日連続。ある程度覚悟していたとはいえ、この暑さに慣れることはありません。日付変わって7月1日、2022年の後半戦がスタートします。今年は猛暑になるのが確実視されているので、汗かきとしては戦々恐々です。

 前日に続き、ワタシは今日もマスクをほぼ外していました。出勤時や外出時、退出時はマスクをつけず手に持つパターン。マスクをせず、手にも持たない人は増えている感じです。まあこれだけ暑いと、汗かきじゃなくてもマスクをつけるのはしんどいですよね。新型コロナウイルスはまだ終わった、とはとても言えませんが、これから先、マスクをしない人は増えていくと思われます。それはそれであり、ではないでしょうか。

 個人的には今年の前半戦、いろいろあってここまでモヤモヤが続いています。毎年言って(書いて)いる気がしますが、後半戦の巻き返しを誓って、今夜は早めに寝ます。

現地時間6月29日(日本時間30日)、エンゼルス大谷翔平は地元エンゼルスタジアムでのホワイトソックス戦に先発し、5.2回を被安打5の無失点、奪三振は毎回の11。ワタシも序盤は職場のテレビで見ていましたが、点を取られる気はしませんでした。最近21.2イニング連続無失点。防御率は2.68まで下がりました。チームは4-1で勝ち、大谷は今季7勝目(4敗)を挙げました。自身4連勝で、日本選手では16人目のメジャー通算20勝(9敗)に到達。勝率6割9分は田中将大ヤンキース)の6割2分9厘(78勝46敗)を上回り、ダントツです。なお、この試合、打者・大谷は3打数無安打1四球でした。画像はエンゼルスの公式サイトからです。

 

猛暑日は続くよ。

 もう驚きはないですね。今日(6/29)も東京は最高気温が35.4度の猛暑日となりました。これで6月25日から5日連続の猛暑日です。東京都心で6月に5日連続で猛暑日となるのは1875(明治8)年の統計開始以来、観測史上最長記録。さらに、1年を通してみても、前日の4日連続を抜いて過去2番目となります。統計開始以来、過去最も長かったのは2015(平成27)年7月31日~8月7日の8日連続だそうですが、そのときのことは記憶に残っていません。

 ワタシは今日、極力マスクを外していました。朝、家を出て駅まで歩き、電車に乗ってもつけることをせず。ただ、手にはマスクを持っていました。職場のある建物にはマスクをつけないと入れないのでつけましたが、それも一瞬。中に入ってからはすぐに外し、仕事中はつけませんでした。日中、外出したときもマスクは手に持ってつけず。マスクをしていない人は若者からお年寄りまで、前日よりも多かったですね。特に〝同調圧力〟も感じませんでした。

 この危険な暑さ、予報では7月1日まで続くとのこと。東京の猛暑日は1週間連続となる予想です。その後はやや治まるようですが、そうはいっても猛暑日でなくなるだけで、暑いことに変わりはありません。引き続き、熱中症には注意ですね。節電が呼びかけられても、しっかり冷房は使うようにしましょう。

 当初は今日、月間14本塁打&月間35打点と驚異的な活躍を見せているヤクルトの〝村神様〟こと村上宗孝隆について書こうと思っていました。が、まだまだ打ち続けそうなので、先送りします。史上8人目(12回目)の三冠王の可能性はもちろん、ほかにも2002(平成14)年の松井秀喜(巨人)以来となる〝日本選手50本塁打〟や1950(昭和25)年に西沢道夫(中日)がマークした〝シーズン満塁本塁打5本〟の更新(村上はここまで満塁本塁打4本)など、データ&記録好きにはたまらないプレイヤー、村上には今後も大いに注目です。

6月29日は「ビートルズの日」です。1966(昭和41)年、人気絶頂のイギリスのロックグループ「ザ・ビートルズ」が最初で最後の来日を果たしたこの日を記念して、「ザ・ビートルズ」の楽曲を手がける株式会社EMIミュージック・ジャパンが制定しました。また、2月4日も「ビートルズの日」だそうで、これはザ・ビートルズThe Beatles)の愛称「Fab.4」を、2月4日の「Feb.4」にかけたもの。「Fab.4」は、「Fabulous Four」(素敵な4人組)の略です。なるほど。世界的には2月4日がビートルズの日として知られているようです。

 

酷暑とマスク。

 連日の猛暑ネタです。日本は今日(6/28)も広い範囲で厳しい暑さとなりました。東京の最高気温は35.1度で、6月にして4日連続の猛暑日。どうやら6月だけでなく、1年を通しても過去2番目の長さに並んだようです。

 この暑さ、弱っちゃいますね。特に、ワタシのような汗かきにはしんどくてたまりません。暑いとただでさえ体力を消耗するのはもちろん、マスクがとにかく辛いです。苦しいし、汗で気持ち悪くなるしで、さすがにとりたくなります。何年か前、マスク=パンツでマスクをするのが苦じゃなくなってきた、と書いた記憶がありますが、そのときはこんなに暑くなかったですからね。

 ということで、ワタシは職場で自席にいるときはマスクを外しています。特に会話をしなければノープロブレム。しかし、今日の日中(といっても午後3時半過ぎです)に外出したところ、やはりまだほとんどの人がマスクをつけていました。マスクをしていない人は若者で2人(ともに男性)見かけただけ。こうなるとワタシもしないわけにはいかず、汗だくになってつけていました。このあたりが〝ザ・日本人〟ですね。苦笑してしまいます。

 信号待ちをしていると、横にスーツにネクタイ姿の男性が2人。このクソ暑い中、タイヘンだな、と思って彼らに目をやると、2人とも涼しげな感じでビックリです。ポロシャツで結構な汗をかいていたワタシとは大違い。なぜここまでカラダのつくりが違うんでしょう。ワタシも涼しげに夏を過ごしてみたいです。

 マスクに話を戻すと、新型コロナウイルスの新規感染者数は今日、全国で1万9387人が確認と、最近はまた増加傾向にあります。なかなか大手をふってマスクを外せとは言いにくい状況です。が、〝危険な暑さ〟がまだまだ続くことを考えると、今後ますます熱中症(昔は日射病、と言われていましたね)患者が増えそうな気配。いまはコロナより熱中症予防を優先すべきでしょう。マスクの着用はもう個人の判断に任せてもいい段階にきている気がします。

コロナ禍でこんなに暑い夏は初めて。ワタシもしばらく耐えねばなりません。髪は後ろで結んでいます。

 

6月なのに東京、3日連続の猛暑日。

 休み明けの今日(6/27)も東京は35.7度を観測しました。これで3日連続の猛暑日。6月に東京で3日連続の猛暑日となるのは観測史上初めてです。全国各地で猛暑日が続出し、今日の猛暑日地点は今年最多の67に達しました。

 さすがにワタシは先週の金曜日からTシャツで首にタオルを巻いて出勤し、あとでポロシャツに着替えるようにしています。例年、〝衣替え〟はもう少し先だったんですけどねえ。今年の夏はかなりしんどく、そして異常といえます。

 気象庁は今日、九州南部と東海、関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表。関東甲信地方は1951年の統計開始以来、最も早い梅雨明けです。いやはや。ワタシは今日も職場で冷房をガンガンにかけていました。例によって女性が出勤後は設定を変更されてしまったものの、それでも今日は何とかワタシが耐えられる涼しさで助かりました。

 猛烈な暑さは今後も続くようです。現在は節電が叫ばれていますが、エアコンを使わずに熱中症で倒れたら元も子もありません。エアコンをつけて、しっかり水分補給をすること。節電はエアコン以外のところでやりましょう。テレビやパソコンを消せばだいぶ節電につながるはずです。な~んて偉そうなことを言ってますが、自宅でパソコンを立ち上げ、たいしたことを書いているわけではないのにけっこうな時間が経ってしまいました。これを更新したらさっさと電源を落として寝ます。

2日連続で雪の画像を載せます。前回載せた写真の翌日に撮ったものです。晴れてだいぶ溶けているのであまり涼しくは見えませんね。

 

2日連続の猛暑日🔥

 日本列島は今日(6/26)も暑い一日となりました。東京も6月としては観測史上に並ぶ36.2度を記録。前日に続く猛暑日となり、6月に東京都心で2日連続で猛暑日となるのは1875年の観測開始以来、初めてとのことです。

 どうやら今後1週間、厳しい暑さが続くようなので、ワタシは今日、去年の6月20日以来、1年と6日ぶりに髪を切りに行くつもりでいました。が、急きょ昼前から出かける用事ができて、しかもその用事が予想以上に長引いて疲れてしまい、切りに行くことを断念。今月はもう行けそうにないので、7月にずれ込むことが決定しました。

 これからどんどん暑くなるというのに、あと1週間は長い髪のまま過ごさねばならない。その間も髪は伸びますから、尋常じゃない汗かきのワタシとしては大いに不安です。やっぱりムリしてでも今日行っておくべきだったか。少し、後悔していますが、耐えるしかありません。まあなんとかなるでしょう。

 最後に、データ&記録好きとして、今日、西武の山川穂高が日本選手最速で通算200号本塁打を放ったことについてふれておきます。スピード10傑は次のとおりです。

   選手    所属/達成年   所要試合 通算本塁打
 ①カブレラ  (西武/2005年)  538試合  357本塁打
 ②ブライアント(近鉄/1993年)  578試合  259本塁打
 ③バース   (阪神/1987年)  587試合  202本塁打
 ④ウッズ   (中日/2007年)  642試合  240本塁打
 ⑤ペタジーニ (巨人/2004年)  664試合  233本塁打
 ⑥山川穂高  (西武/2022年)  697試合  201本塁打
 ⑦バレンティン(ヤクルト/2017年)707試合  301本塁打
 ⑧田淵幸一  (阪神/1975年)  714試合  474本塁打
 ⑧秋山幸二  (西武/1990年)  714試合  437本塁打
 ⑩落合博満  (ロッテ/1986年) 760試合  510本塁打

 さすがに錚々たるメンバーが並びますね。ワタシは全員の現役時代を知っているので、ワクワクしてきます。山川は今年11月23日で31歳。大卒でプロ入りし、レギュラーに定着したのが5年目だったので、200本塁打の年少記録では10位以内に入っていません。それでも、50号、100号、150号、200号まで、節目の記録をすべて日本選手最速で達成しています。次の節目、250号の日本選手最速は落合の878試合ですから、あと180試合以内に49本打てば、これを上回ることになります。今のペースでいけば、更新は間違いなさそうですね。

あまりに暑いので、涼しくなる写真を載せます。今年1月に雪が降ったとき、職場の窓から撮りました。

 

6月にして猛暑日です。

 いや~暑かったですね。ジュリー74歳の誕生日(高田文夫も一緒です)の今日(6/25)、東京は午前中に最高気温35度を超え、今年初の猛暑日となりました。6月の猛暑日は1963年6月26日(35.7度)、2005年6月28日(36.2度)、2011年6月29日(35.1度)に次いで11年ぶり4回目。今年は1963年を上回り、観測史上最も早い猛暑日となったわけです。

 このほか、今日は北関東各地で6月の最高気温記録を更新し、群馬県伊勢崎市では40.2度を観測。6月に40度を超えるのは初めてで、これまでの6月の最高気温、2011年に埼玉県熊谷市で観測された39.8度を上回りました。猛暑日になったのは全国64地点とのことで、汗かきの身としては数字を見ているだけでうんざりしちゃいます。

 そんなわけでワタシは日中、外出せず。ある程度気温が下がった夕方、近所のスーパーに買い物に出ました。なんとなく、ですがふだんより混んでいたような感じ。やはり皆さん、考えることは同じ、ということなんでしょうね。

 さて。猛暑日の中、プロ野球は6試合が行われ、うち5試合はデーゲームでした。結果は次のとおり。

    セ・リーグ         パ・リーグ
   巨人19-5ヤクルト     西武2-0楽天
   広島5-4DeNA  オリックス4-0ロッテ
   中日0-10阪神     日本ハム0-3ソフトバンク

 猛暑日と関係があるとは思えませんが、6試合中4試合が完封試合となりました。パ・リーグは3試合すべてが完封試合。今季は〝投高打低〟が顕著になっていますが、それにしても多すぎな気がします。そこで、ざっとここまでの完封試合数を数えてみました。
 
    セ・リーグ パ・リーグ 交流戦
 3月  3試合   5試合   -   
 4月  13試合   21試合  -
 5月  12試合   14試合  12試合(セ6勝・パ6勝)
 6月  4試合   8試合  17試合(セ8勝・パ9勝)
 合計  32試合   48試合  29試合

ほかに0-0が1試合あり。

 これらの数字が、過去のシーズンと比べてどうなのかはまだ調べ切れていません。それでも、全体的な試合数における完封試合の割合が上位にくるのは間違いないでしょう。データ&記録好きとしては、今後も追いかけたいテーマです。

そして6月25日は〝キング・オブ・ポップマイケル・ジャクソンの命日です。ロサンゼルスの自宅で倒れて急死したのは2009年、50歳でした。数あるMJのパフォーマンスの中でワタシが好きなのは、1992年、ルーマニアブカレストで行われた「デンジャラス・ツアー」のオープニング。マイケルは、ステージに登場して2分近く、立ったまま微動だにしませんでした。そこから首だけ振り、ゆ~っくりとサングラスを外して、ようやく1曲目を歌い始めたのです。観客の興奮状態のすさまじさといったら。こんなことをできるのは彼以外いないでしょうね。画像はYouTubeからです。